映像・音楽を存分に楽しめるWebを活用し参加型プロモーションを展開

東芝イーエムアイ(株)

昨年秋、英EMIグループの完全子会社化した東芝イーエムアイ(株)は、Webでのコミュニケーション強化の一環として、商品である“音源”以外の要素を最大限に活かしたコンテンツ提供に注力している。著作権などクリアすべき課題も多い中で、ユーザー参加型のCM投稿キャンペーンを展開し、アーティストの知名度向上やユーザーの話題喚起に成功した。

認知メディアとして強力なWebサイト 販売への導線とエンタメ提供チャネルに活用

 音楽業界のCDセールスはこの4~5年で減少傾向にある。現状の売り上げは、パッケージCDが8割、Webからのダウンロード(デジタルセールス)が2割ほど。さらにダウンロードのうち約9割は着うた®などケータイへのもので、海外にはない日本特有の動きである。セールスの減少傾向と同時進行してきたのが、ユーザーの情報収集チャネルの変化だ。CD購入者へのQRコード経由のアンケートによると、ユーザーはラジオ、雑誌などよりもWebで音楽情報を仕入れることが多く、特に最初に新譜CDの発売を知るきっかけはWebが最も多い。さらに、ブロードバンドの普及により、動画と音楽を一緒に楽しむ傾向も顕著になってきた。
 東芝イーエムアイ(株)は、自社サイト内での商品販売は行っておらず、各社ECサイトのバナーを表示して誘導している。一方で、アーティストや新譜CDの宣伝・プロモーション展開においては、より早く情報を伝達できるWebでのコンテンツ提供型へとシフト。ライブの数時間後には演奏された曲目のリストをアップするなど、ユーザーとのコミュニケーションメディアとして広く活用すると同時に、参加型のプロモーションを次々に展開している。
 Webのコンテンツ企画・制作を担当する同社International Repertoire Co.プロモーション部の喜田氏は、アーティスト担当スタッフと連携し、自らの手による写真や記事をWeb上にアップする。「アイデア次第で何でもできるのがWebの良いところ。自分たちの媒体ができた」(喜田氏)というように、自由さがある一方で、企画を練る際には、著作権の問題はもちろん、押し付けにならないように気を配っているという。音楽ファンの期待を最大限盛り上げ、ともに楽しむとともに、アーティストを知ってもらうきっかけへの配慮も欠かさない。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年7月号の記事