生活スタイルにまつわる交流でお客様とのつながりを醸成

(株)千趣会

総合通販の老舗であり、多くの女性から支持されている(株)千趣会。同社では2006年9月、お客様の声を活かした商品作りを核としたお客様参加型コミュニケーションサイト「くらしのたまご」を立ち上げた。現在、ここでの活動を通じて、同社がカタログなどで提案する暮らしのセンスはそのままに、お客様とのつながりを醸成。ファン化を促進している。

お客様とのつながりを求めてコミュニケーションサイト「くらしのたまご」を開設

 仕事を持つ女性が増えて久しい。仕事に家事、遊びに学びと忙しい日々を送る現代女性にとって、ファッションや日用品を自宅にいながら購入できる通信販売は、彼女らのライフスタイルを支える強い味方だ。
 総合通販の老舗として知られる(株)千趣会では、こうした女性の姿を30年以上も前に予測していた。同社の創業は1955年。同社の営業スタッフが企業を訪問し、そこで働く女性を対象に頒布会を始めた後、ファッションのカタログ通販に乗り出したのが1970年代のこと。以降、雑貨やインテリア、キッズウェアなど取扱商品を拡大し、現在では18種類ものカタログを発行するまでに成長した。ネット通販も好評で、カタログで商品を選んでネットで注文するという購買スタイルも定着してきている。
 カタログ通販の利用が伸びる一方、頒布会は停滞状況にある。これは、対面でのインタラクティブなコミュニケーションの減少を意味する。しかし、カタログやネットでは、同社の考えや思いを十分に伝えることは難しく、お客様との関係を構築することは容易ではない。ともすれば、冷たい印象を与えてしまうこともある。
 こうした状況の中、お客様のリアルな声を聞き、お客様とのつながりを醸成していきたいと考えた同社では、2006年9月、お客様参加型コミュケーションサイト「くらしのたまご」を開設した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年7月号の記事