ロイヤルティの高い組合員 新規加入促進にSNS、ブログを活用

パルシステム生活協同組合連合会

「くらしの課題解決」をモットーに、食の安全やライフステージ別のカタログ展開など、独自の取り組みを見せる生協のパルシステム。乳幼児のいる家庭を対象に、ブログやアフィリエイトを駆使してネット上での口コミを推進。今後は組合員と一般生活者の双方が利用可能な公式ブログを立ち上げ、ますます口コミを活性化させようとしている。

インターネットは生協と組合員を結ぶコミュニケーション・ツール

 パルシステム生活協同組合連合会(以下、パルシステム)は、首都圏を中心とした1都7県にある10の地域生協から構成される連合組織であり、加盟している会員生協から業務委託を受けて事業運営を行っている。事業の基盤には「くらしの課題解決」という考え方があり、食品の安全性を最重要視した独自の商品政策・基準により事業を展開するほか、ライフステージ別に組合員のくらしに役立つ3種類のカタログを用意、全国の生協に先駆けて“個人宅配”を行うなど、独自の取り組みを展開。2007年1月時点のパルシステム登録組合員数は87万世帯に上る。実際に利用している組合員の約35%に当たる21万世帯超がインターネットの利用登録を行い、約10万人が毎週生協を利用している。
 同連合会のインターネット事業を手掛けるのは、グループ会社の(株)コープネクストだ。インターネットを介した注文は、OCRや電話に比べて客単価が約7%高く、2006年度の事業高は全体の20%に当たる320億円規模。インターネット事業を組合員とパルシステムを結ぶコミュニケーション・ツールとして位置付けて良好な関係を構築し、ひいては利用高の向上を図るCRM施策に取り組んでいる。また、生協自体が「古い」というイメージを持たれがちであることから、若年層に対して生協のイメージを向上させるためにも、インターネット事業を積極展開している。
 そもそもパルシステムの利用は組合に加入することが前提条件であるが、ひとたび組合員になるとリピート率が高く、またロイヤルティも高いという特徴がある。従って、最大のテーマは「いかにして組合員になっていただくか」ということ。そこで、新規加入促進を目的に、ネット活用によるさまざまな口コミ展開をスタートさせた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年3月号の記事