『whitebook』を起点にして新たな需要拡大を目指す

ポルシェ ジャパン(株)

高級ブランドの有力顧客向け季刊誌『whitebook』を活用し、セグメントされた顧客に同社の歴史やものづくりのコンセプトなどを紹介。既存顧客のロイヤルティ向上と新たな需要拡大につなげている。

停滞した輸入車市場の中で販売台数を伸ばし続けるポルシェ

 スポーツカーブランドとして知られるポルシェ。同社は、スポーツカーの分野において、世界の自動車業界の中で最も長い伝統を誇る自動車メーカーだ。
 日本におけるポルシェの販売は、当初、輸入業者が行っていたが、その後、1995年に、ポルシェAG社(ドイツ)の100%出資子会社として、ポルシェ自動車ジャパン(株)を設立し、日本への本格進出を始めた。1997年 6月には、社名を現在のポルシェ ジャパン(株)に変更。1998年 1月に、ポルシェの総輸入販売元として営業を開始したのである。
 同社が、総輸入販売元として営業を開始した1998年当時、ポルシェの総販売台数は1,000台程度にとどまっていたが、2003年にスポーツユーティリティビーグル「カイエン」の発売を機に顧客の拡大が加速し、現在では、3,400台を数えるまで総販売台数を伸ばしている。日本の輸入車市場が伸び悩む中で、同社は着実に業績を伸ばしており、輸入車業界の中でも注目の的になっているという。現在、ポルシェ正規販売店数は42店舗。同社では、販売店を増やして販売台数を伸ばすより、ポルシェのオーナーに対する充実したサービスの提供を優先し、“量”より“質”を追求していく。
 そのほか、同社では、ポルシェのオーナーとの交流を目的としたポルシェクラブを運営。同クラブは単一のドライバーズクラブとしては、世界最大のものだ。世界中に10万人を越すメンバーがおり、ツーリング、走行会や懇親会などの企画運営を中心に活動。ポルシェのオーナーならば、誰でも参加できる。国内では、「ポルシェクラブ ジャパン」と「ポルシェ356クラブ・オブ・ジャパン」の2つのポルシェクラブがポルシェAG社に公認されている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年9月号の記事