付加価値をもつタイアップ先と組みインパクトの強いキャンペーンで見込客を獲得

(株)ジェーシービー

若年男性や新社会人を対象に、“男磨き”をサポートするセグメントカード「JCB E.GO(イーゴ)」を提供する(株)ジェーシービー。サービス開始1周年記念として、プジョー・ジャポン(株)の新車「PEUGEOT1007」をプレゼントするオープンキャンペーンを実施。応募者数は予想を上回り、認知度向上とメールマガジン会員獲得に成功した。

“車”をフックとした独自のサービスで若年男性にアピール

 (株)ジェーシービーは、2004年11月、20~30代の若年男性をメインターゲットに「JCB E.GO(イーゴ)」の発行を開始した。位置付けは、“キレイ”をキーワードに女性のライフスタイルを提案した同社初のセグメントカード「JCB LINDA(リンダ)」の男性版。紙の利用代金明細書を発行せず、ネット上で利用代金明細を確認するなど、対象層にとって親和性のあるチャネルを活用している。
 対象層の消費行動を分析し、週末や深夜など急に現金が必要になったときに年1.00%の利率で上限3万円まで利用できる 「Sakutto Cashing (サクッとキャッシング)」や、ポイントの自動キャッシュバックなど、独自のサービスを提供。また、車関連のサポートを受けられる「JCBロードサービス」をはじめ、車関係のトラブルへの見舞金制度を用意するなど、サポート体制を充実させている。現在、会員数は約9万人に達する。
 同社では、発行開始から1年を記念して、会員サービスの柱となる“車”をフックとしたキャンペーンを企画。特に、同社が中長期的な視点で重要視している「使い続けていただくカード」となることに留意した。「まずは認知度を上げるため、E.GOの専用サイトへ来てほしい、と考えました」(マーケティング本部 販売促進一部 セグメント販促グループ 秋山慎太郎氏)。応募に当たっては、氏名とeメールアドレスだけを登録してもらい、その後メールマガジンなどさまざまな仕掛けで会員化を図るかたちにした。
 プジョー・ジャポン(株)とのコラボレーションは、ちょうどこの頃、「PEUGEOT1007」が2006年3月に発売されることを知った秋山氏が、キャンペーンの賞品として採用を持ちかけたのがきっかけ。プジョー・ジャポン側から見ると、代理店以外の新たなチャネルで新車種発売のアピールができ、広告費もかからないという利点があった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年9月号の記事