ゲーム世界のアイテム名を冠した新商品を開発しソフト発売のタイミングで即完売に成功

サントリー(株)

2006年3月、サントリー(株)は、価格・味・デザイン・販売方法・ターゲットのどれをとっても画期的な清涼飲料「ポーション」を発売した。(株)スクウェアエニックスのゲームソフト「ファイナルファンタジー」の中のアイテムがリアル飲料となって登場するという今回の試みは、「ファイナルファンタジーⅩⅡ」の発売に合わせて、数量限定で販売するというものだった。

新機軸プロジェクトから生まれたバーチャルな世界の飲料を商品化するという発想

 商品の短命化が進む清涼飲料業界。こうした固定化した市場に、サントリー(株)が、新たな切り口の新商品を投入した。2006年3月、清涼飲料「ファイナルファンタジーⅩⅡ ポーション」を数量限定で発売したのだ。「ポーション」とは、(株)スクウェアエニックスのゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズの中で体力回復に使われるアイテム。ゲームの世界から飛び出した飲料は大きな反響を呼び、発売から約2週間で完売した。
 新商品は、2003年に発足した「新機軸プロジェクト」から生まれた。同社では、売り上げ増と規模の拡大に伴い、清涼飲料を担当する食品事業部の人員を増やし、緑茶、コーヒー、果汁飲料といったカテゴリー別にグループ制を敷いた。これにより業務が効率的になった半面、カテゴリーに立脚しない視点での発想が生まれづらくなっているという危機感があった。そこで、各グループから1名ずつ抜擢されたメンバーで「新機軸プロジェクト」を始動。週1回、自分の担当分野以外のトレンドや話題になっている商品について雑談する機会を持つようになった。
 この雑談の中から「バーチャルとリアルの融合」「行列してでも欲しいもの」などに注目。メンバーのひとりである、食品事業部課長の稲鍵圭祐氏が「バーチャルであるゲームの世界から出てきた飲料があったら売れる」と発案。これを基に、スクウェアエニックスにコラボレーションを提案することになったのだ。
 また、当時は食玩ブーム全盛期。「単なる“おまけ”ではなく、飲料にも価値があり、景品にも価値があるものをセットにしたら面白い、と考えました。そして、ソフト発売まで1年を切っていたファイナルファンタジーⅩⅡに絡めて、まず一度組んでみようとなったのです」(稲鍵氏)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年9月号の記事