「動画」と 「VOD」の優位性が視聴者の積極的な購買行動に結び付く

(株)USEN

(株)USENが運営するパソコンテレビ「GyaO」。2005年4月に開局、2006年6月17日には「視聴登録者1,000万人」を突破した。2006年2月には、視聴者サービスの一環として「ショッピングチャンネル」を開設。さざまざま商品の動画を見ることができると、視聴者の好評を博す。今やテレビショッピング実施企業にかかわらず、映像を持たない企業からも出店に関する問い合わせが寄せられるなど、注目度が高まってきている。

ショッピングチャンネルの店舗数はわずか4カ月で23店舗に急増

 有線放送やFTTH(家庭用光ケーブル)を核に、総合ブロードバンド・エンターテインメント事業を展開する(株)USENは、2005年4月25日、パソコンテレビ「GyaO(ギャオ)」をスタートさせた。
 日本初の完全無料放送を売りにした「インターネットテレビ」であり、「放送と通信の融合」を先取りした動画配信サービスで世間の注目を浴びている。既存の民放テレビ局と同様、「視聴者」の耳目を集める人気番組を放映、「媒体」としての宣伝効果を武器に宣伝広告を流すことで広告収入を得る、というのがGyaOのビジネスモデルである。2006年6月17日には、 「視聴登録者1,000万人」を突破。名実ともに 「ブロードキャスト」の仲間入りを果たした。
 一方、視聴者の急増に歩調を合わせて、「ショッピングチャンネル」が2006年2月20日からスタート。インターネットのインタラクティブ性を十二分に活かし、テレビ局には真似のできない、ビデオ・オン・デマンド(VOD)スタイルの物販番組を売り物にしている。
 「GyaO」のWebサイト上にある「ショッピングチャンネル」のアイコンをクリックすると、同チャンネルへと移動。(株)ベルーナや(株)オークローンマーケティングといったお馴染みの通販会社の「仮想店舗」がサムネイル(多数の画像を一覧表示するために縮小された画像のこと)状に並ぶ。中でも、カタログ通販大手の(株)ニッセンは、GyaO専用に動画を用意するほどの熱の入れようだ。ちなみに、GyaOオリジナルグッズの通販サイトもある。当初12店舗でスタートした店舗数は、わずか4カ月で23店舗に急増。また、数多くの企業から出店に関する問い合わせが寄せられており、店舗数は拡大傾向にある。取扱商品は、「JALパック」「阪急トラピックス」などの旅行およびスイーツ、音楽、時計、雑貨、AV家電、各種食品、化粧品、ファッション関連商品など、合計約130品目に上る。
 ただし、これだけでは星の数ほどあるバーチャルモールと大差はない。GyaOの場合、これらの商品紹介が基本的に“動画”となっている。単なる文字情報や“静止画”よりもその宣伝効果が格段に大きい。特に海外旅行商品では、パンフレットに載っている写真よりも“動画”のほうが購入検討者に対してのインパクトが大きいのは一目瞭然だ。現在、GyaOの購買平均単価は2万円強。この数字は、あるテレビ局のテレビショッピングの購買平均単価とほぼ同額。ちなみに、ネット通販の購買平均単価は約1万円(JADMA調べ)。
 またネットのVOD性は、ある意味において既存のテレビCMやテレビショッピングより優位だ。つまり、テレビの場合、視聴者が視聴するか否かは、“偶然性”に左右される。また仮にテレビを視聴していたとしても、漫然と眺めているだけかもしれないし、いわゆる“ながら視聴”の可能性も少なくない。しかしWebの場合、視聴者はその番組を“見たい”からアイコンやサムネイルをクリックするので、購買につながる確率がグッと高くなる。加えてクリックすると、“最初から”コンテンツを見ることができるので、当然ながら紹介商品を見逃すことはない。この点は、見逃す可能性のある既存のテレビCMやテレビショッピングと比べても明らかに優位と言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年8月号の記事