他社とのアライアンスを通して新しいeコマース事業の創造を目指す

(株)テレビ東京

放送と通信の融合を睨み、2005年7月からは通販事業を子会社の(株)プロントと提携して展開することを決定。これを受けて、深夜番組「原宿物語」と「Let’s GO スーパーショッピッングサイト」を連携した番組作りに挑戦し、放送とインターネットを連動させた新しいビジネスモデルとして注目を浴びた。同社では、その後もeコマース企業との提携を通して、テレビショッピングの拡充を図っている。

テレビショッピングはテレビ“集客”のための一手段

 (株)テレビ東京では、インターネットを「テレビをバックアップする強力なツール」としてとらえている。「魅力ある番組をオンエアし、視聴率を上げ、スポンサーからCM放映料をいただく」という民放テレビ局本来の収益構造を補強するものとして、昨今急速に普及するネットの、特に「 (視聴者の)集客力」に注目。さらに番組との連動による「ネット通販」の強化に乗り出している。
 同社では、グループ内での機構改革にも乗り出し、100%子会社の(株)プロントがこれまで担ってきたテレビショッピング関連事業を2005年7月、本社内のコンテンツ事業局内に新設した「ライツ事業部」でも担当。従来通りプロントでも通販の企画・運営は行うものの、テレビ東京本体としても、テレビショッピング関連事業の立ち位置を“格上げ”したのである。
 こうした状況の中で、テレビ東京は初めて、eコマース事業において外部企業数社との業務提携に踏み切った。このことは同社にとって、「テレビとネットの連携」を具現化させる第一歩と言っていいだろう。
 2006年4月27日に、同社は「Let’s GOスーパーショッピングサイト」を運営しているeコマースベンチャーの(株)ノーウェイと業務提携を結んだ。業務提携の狙いは、互いを戦略的パートナーと位置付け、テレビとネットを連動させた新しい形のeコマース事業を創造し、幅広いニーズにきめ細かく応えていくこと。具体的には、両社の培ってきたブランド力やノウハウ、顧客基盤などを活かしながら、新たなeコマース事業を開発することで、テレビ東京は視聴者に対するより細やかなサービス提供を、ノーウェイは全国のネットユーザーを満足させられるサイト運営を目指していく。
 ちなみに、「Let’s GOスーパーショッピングサイト」は、特定地域密着型のショッピングモール形態で、街自体がブランド化した地域のリアルショップと提携し、「自宅に居ながらにして、憧れの街、現地に行った感覚で買い物ができる」ということをコンセプトに事業運営している。2005年10月に「Let’s GO原宿」の開設を皮切りに、下北沢、代官山・恵比寿、ハワイ(ワイキキ)をオープンし、2006年度中には自由が丘、銀座、吉祥寺と拠点数を増やしていく予定だ。
 「Let’s GOスーパーショッピングサイト」のアクセス数や売上高は非公表だが、提携後、テレビ東京の情報番組などで商品と併せて同サイトを紹介したところ、提携前と比べてアクセス数は少なくとも10倍に、また売り上げは6倍増に膨れ上がったという。同サイトとの連動企画として、この6月10日深夜26時35分に「お宝発掘!激レア!古着祭り」(30分番組)という特番を放映したところ、アクセス数がサーバの限界を超えてしまい、サイトに一時つながらないという嬉しいアクシデントがあったほどだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年8月号の記事