イベントを通じてブランディング強化 ケータイの即時性を存分に活用

(株)マンダム

女性用ヘアメイクブランド「ルシードエル」で展開した2つのイベント、2004年の「渋谷ジャック」と2005年、2006年の「神戸コレクション」において、応募受け付けから当選発表、参加券配信までにケータイで対応。イベントを盛り上げるために会場でリアルタイムに情報を配信するなど、ケータイをプロモーション・ツールとして存分に活用している。

ケータイとイベントの連動によりブランディングを強化

 (株)マンダムでは、「ギャツビー」「ルシード」「ルシードエル」などのブランドを擁し、ブランドごとに、おのおののターゲットに向けたパワフルなマーケティングを展開している。中でも主力のメディアはテレビCMであるが、4大メディアへの接触時間と情報(媒体)支出の減少傾向を受けて、早くからケータイのマーケティグ活用法を模索していた。2000年4~5月には、着メロ配信サービスに先駆的に取り組んでいた(株)三愛・ギガネットワークス(GIGA)と提携して実証実験を展開。アンケート回答者に抽選で、賞品やサンプル、着メロなどをプレゼントするオープン懸賞を行った。結果、GIGAのケータイサイトのみで告知したにもかかわらず、応募数は12万6,000件に上った。これはGIGAの契約数の14.8%に当たる。
 ケータイを有力メディアとして改めて認識した同社は、その後、従来の他メディアと連携させたケータイのマーケティング活用法を、以下のように位置付けた。①テレビCMの楽曲をフックに、着メロサイトを活用してCM効果の向上を図る、②雑誌や新聞からのサンプル応募を通じ、広告媒体と商品とのマッチングを測定する、③サンプルでケータイサイトを告知して誘導し、使用方法など啓蒙的なコミュニケーションを図る、④商品パッケージからブランドサイトへ誘導し、会員化を図る。
 同社では、ケータイ・マーケティングのノウハウをブランドに限定せず、全社的に蓄積。実績や知見を次のキャンペーンに活かしている。特に、イベントを通したトータルなコミュニケーションの中でケータイをどのように活用するかという視点から、ターゲットに合わせた戦略的コミュニケーションを企画している。
 ここでは、女性用ヘアメイクブランドの「ルシードエル」で展開した2つのイベント、2004年10月の「渋谷ジャック」と2005年、2006年春の「神戸コレクション」において、ケータイをどのように活用したのかを紹介する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年5月号の記事