紙媒体の削減と顧客に最適な情報提供で来店促進と顧客との関係強化を狙う

(株)マニックパニック東京

東京・六本木に店舗を構える(株)マニックパニック東京では、ケータイにポイント機能を持たせて顧客を会員化。街頭配布用のフライヤーにQRコードを掲載してケータイからのアクセス促進を図る。店内でのコミュニケーションでお客様の警戒心を解き、来店数回目の顧客に対してアプローチし、入会を勧めている。

QRコードをつけたフライヤーからスタート

 全国5カ所に美容室を展開する(株)マニックパニック東京。同社の母体は、美容・理容店の業務用ヘアケア商品の開発を行う(株)エイレックだ。同社では、ニューヨークで1977年に開発されたヘアカラーリング剤「マニックパニック」の日本進出に当たって業務提携を締結。そのブランド認知・顧客獲得を目的に、2003年、横浜に美容室1号店を開業。その後、大阪、神戸にも出店している。そのうちのひとつ、六本木店では、2004年12月より、ケータイを使った会員制システム「モバイルCRC」をテスト的に導入。会員顧客の来店回数に応じてポイントを付与している。ケータイというツールを使うことで、紙媒体の削減と、低コスト・効率のよい情報提供を実現すると同時に、ポイントシステムにより、来店促進と顧客との関係強化を狙ったものだ。
 全国の美容・理容店の総店舗数は35万件と言われており、店舗数は飽和状態。そんな中、新規参入する美容室が顧客を獲得するのは至難の技だ。すでにほかの美容室に通っている顧客を呼び込んで、いかに自社の顧客にしていくか。「美容室の場合、飲食店やアパレルと違って、『今日はA店、明日はB店』といった利用はまずあり得ません。お客様に店を認知していただき、これまで通っていた美容室を差し置いてお越しいただくという初回来店のハードルも、2回、3回と通い続けていただくハードルも、正直、結構高いのです」と、同社マネージャーの斉藤恵一氏は語る。
 美容室の認知・集客における一般的な手法としては、雑誌への記事掲載や、フライヤーの街頭配布による集客がある。これと平行して同社では、美容室開店時のオープニング・キャンペーンとして、「200人無料招待」をフックとしたアンケートはがき付きのフライヤーを3万部配布した。結果は、レスポンス率が10%と大成功。顧客をカテゴライズするアンケート結果は、そのまま見込客情報としてデータ化した。
 2004年末からは、配布するフライヤーにQRコードを掲載し、ケータイからの会員登録に切り替えた販促活動を展開。現在では、ケータイによる会員登録者には1,000円分のクーポン券をプレゼントしている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年4月号の記事