エンターテインメント性溢れるショッピングスタイルが好評

(株)ネットプライス

ユーザー参加型の新しいショッピングスタイル「ギャザリング」が好評を博している(株)ネットプライス。同社は、雑誌・メールマガジン・ラジオなど100以上の媒体と提携し、それぞれの購買層に合ったギャザリング・コンテンツを提供することで、多くの顧客を獲得。年間80万人のユーザー数とともに、50%を超えるリピート率を誇る。また、毎週商品を厳選して入れ替え、常に顧客がアクセスしたくなる仕組み作りを行っている。

「バイイングパワー」を高めることに注力 リピート率は50%を超える

 ショッピング&ギャザリングのサイト「ネットプライス」を展開する(株)ネットプライスは、2000年1月にインターネット上での小売事業を開始して以来、eコマースやモバイルコマースの普及により、2004年9月期には約72億4,948万円の売上高(連結)を達成、飛躍的な成長を遂げている。こうした同社の成長の核となっているのが、ユーザー参加型の新しいショッピングスタイル「ギャザリング」だ。
 ギャザリングとは、参加者、つまり購入者数が増えるほど商品の価格が下がる仕組みのことを言う。例えば、当初9,800円の商品でも、販売個数が10個になると8,800円に、そして20個になると7,800円にまで価格が下がる。価格の動きは商品の人気を示すバロメーターである。購入者にとっては、自分のほしい商品が「いま何個売れていて、いくらなのか」をリアルタイムに楽しんだり、サイトを覗きながら買うタイミングを計れるといったエンターテインメント性も魅力のひとつだ。また同社では、ギャザリングの開催期間を1週間と定め、毎週約700に厳選した旬の商品の販売を行っている。つまり、買いたくなる欲求、お客様の「バイイングパワー」を高めることに注力していると言える。こうした取り組みが、Webサイトへの集客につながっているのである。2004年1月のデータでは、同社のサービスを利用するお客様のリピート率は50%と高い数値を示している。
 ちなみに、携帯電話などのモバイル端末上でのギャザリングサービス「ちびギャザ」の利用者は、20~30代の女性が7割を占め、10~50回というリピーターも年々増えている。同社が提供する商品は、時計、香水、アクセサリー、美容関連商品、バッグをはじめとする各種ブランド品のほか、ワイン・清酒など、嗜好性の高いアイテムも好評を得ている。
 「ちびギャザ」は、2000年9月にiモード上でのサービスを開始。翌2001年7月には、EZWeb、Vodafone live!と合わせて全3キャリアに対応し、現在ではすべてのモバイルキャリアにおける公式サイトとして展開。モバイル単体の総合物販サイトとしては、業界トップクラスの売上実績を記録している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年9月号の記事