お客様の情報を橋渡しすることで“不動産流”のCRMを追求

三井不動産(株)

不動産業界でもブログ活用がはじまった。三井不動産では、従来型のWebサイトにブログ機能を加えた人と暮らしのコミュニティサイト、「みんなの住まい」を開設。お客様との新たなコミュニケーションの形成を目指している。

既存の住宅情報サイトに加えブログを活用したコミュニティサイトを新設

 三井不動産(株)では、お客様にとって付加価値の高い住まいとサービスの提供を目指して、開発から流通、賃貸、管理に至るまで、お客様志向のもと住宅事業に総合的に取り組んでいる。
 こうした中、同社では2005年3月に、多方面から注目されているブログを活用したコミュニティサイト、「みんなの住まい(37sumai.com)」(以下、みんなの住まい)を開設した。
 同社では、従来より、住宅情報サイト「三井の住まい(31sumai.com)」(以下、三井の住まい)を運営しており、2003年7月にはユーザビリティの高いサイトの構築を目指して、同サイトをリニューアルした。ここでは主に物件を具体的に検討している方を対象に、物件情報を中心に住まいに関する情報を提供しており、会員登録したユーザーにはプロフィールに応じたコンテンツも配信している。また、Yahoo! JAPANが提供する地域情報や天気予報など関連情報も利用できる情報サイトとなっている。
 この「三井の住まい」に加えて、お客様との新たなコミュニケーションを図るために開設されたのが、住まいや暮らしについてのコミュニティサイト「みんなの住まい」だ。
 「みんなの住まい」では、同社の住宅の歴史、理念、作り手の想いといった多面的な情報を発信することにより、情報に奥行きと幅を持たせたいと考えた。
 さらに、同社物件の既購入者と住宅購入検討者の情報の橋渡しをすることが、住まい選びをする際にお客様に有益な情報をもたらすひとつの方法であるとの考えに基づき、同社、同社物件の既購入者、住宅購入検討者の3者が双互に情報発信を行う“場”を提供している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年5月号の記事