ブランド・プロモーションと社内における意識改革に活用

(株)三陽商会

総合アパレルメーカーの(株)三陽商会は、ITの活用が遅れているアパレル業界の中で、競合他社に先駆けてブログを投入。新ブランド「SmackyGlam(スマッキーグラム)」のプロモーションに活用するとともに、新ブランドの共感ユーザーを巻き込んだコミュニティ作りにも役立てている。さらに、ブログサイトを立ち上げた狙いには、Webサイトは更新しにくいという固定観念を払拭する意味も含まれており、社内の意識改革につなげていく意向だ。

アパレル業界でのファースト・ムーバーになる

 2003年に創立60年を迎えた(株)三陽商会は、日本を代表する総合アパレルメーカーの1社だ。同社は、1970年にバーバリー社とライセンス契約し、「バーバリー」 を発売。そのほかにも、「エポカ」「ポール・スチュアート」「フラジール」「K・オブ・クリツィア」「アレグリ」など数多くの婦人・紳士ブランドで知られている。
 同社では、2004年の夏から、新ブランドの展開を強化している。同年8月にはスポーツとカジュアルを融合したメンズブランド「スポーツトレイン」、2005年2月には20~25歳の女性をターゲットにした新ブランド「スマッキーグラム」をファッションビルという同社にとっては新しい販路に投入した。同じく2月に、メンズブランド「エポカ ウォモ」を、秋には百貨店販路の婦人ブランドを投入すべく進行中である。
 こうした中で、2005年2月14日に、同社は新ブランド「スマッキーグラム」のブログサイトを開設した。このブログサイトを立ち上げた、同社経営統括本部広報室担当課長の重信修氏によると、半年前からマーケティングにおけるブログ活用の可能性を探っていたという。しかし、その段階ではブログ機能を活かしきれるブランドを自社では持ち合わせていなかった。その後、新ブランド「スマッキーグラム」の概要がわかるに従って、ブログとの親和性の高さに注目。折りしも、ブランド・プロジェクト部隊にも、インターネットを使って新しいことを仕掛けてみたいという意見が上がり、ブログを活用してみることになった。
 同社ではブログの活用には、①未知の顧客に対して、ブランドの認知度を向上することができる、②( 「スマッキーグラム」は口コミで広がるブランドという認識のもと)共感ユーザーへの継続的な情報発信源に成り得る、③企画者と生活者の距離を近付ける、という3つのメリットがあると判断。そのほか、Movable Typeという既存のブログシステムを使うことで、これまでのWebサイト制作コストを削減し、これをデザインに振り向けることができたという。
 アパレル業界は、生活者への情報発信にとかく消極的で、新しい仕組みの導入にも遅れを取りがち。そこで同社では、ファースト・ムーバー(先制企業)になれるチャンスがあると考えたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年5月号の記事