紙媒体に新ビジネスモデル パーソナル情報がカギ

スターツ出版(株) 

出版業界は苦しい。もはや異論を挟む余地のないこの現実に対し、スターツ出版(株)は、中長期戦略「メディア・コミュニケーション・ネットワーク構想」を掲げ、マルチチャネルならではのきめ細かな情報提供によるロイヤルティ向上を目指している。

インターネットと携帯電話 会員は合わせて30万人

 1983年に不動産業を営むスターツ(株)が設立したスターツ出版(株)は、1986年に「OLのわがままをかなえる」をキーワードとして「オズマガジン」(現・月2回発行)を創刊。1996年に出版業界では他社に先駆けて、ホームページ「オズモール」を開設した。2000年には携帯電話向けサービス、「モバイルオズ」をスタートさせている。最近では、マルチチャネル化戦略「メディア・コミュニケーション・ネットワーク構想」を打ち出し、紙媒体、PC、携帯電話の3チャネルによる顧客の囲い込みを図っている。
 そもそも同社がインターネット事業に着手した理由は、ネットが広く一般消費者に活用され、紙媒体を侵食する時代が訪れるだろう、という危機意識だった。侵食が避けられないのなら、「せめて自社内でネット事業を立ち上げたいと考えた」(総務部部長 金子弘氏)という。
 出版事業によって蓄積した情報の中から、まずインターネット上に掲載したのはウエディング情報。理由は、比較的情報が絞りやすい、市場が景気の波に左右されにくい、の2点だった。3カ月後にはレストラン・温泉情報を加え、立ち上げからわずか1年以内で、現在ある情報カテゴリー、8ジャンルをすべて網羅するに至った。
 当初は、ネットへ流れた顧客が雑誌を購入しなくなり、売り上げがダウンすることが懸念された。実際にまったく影響がなかったとは言えない。しかし、「雑誌の売り上げがどんと落ち込むというようなことはなかった。むしろ、ネットがオズブランドに対する認知度を高めてくれたし、雑誌があったからこそ相乗効果が生まれ、ベンチャー企業が大挙して押しかけるネットの世界でオズモールの会員を増やすことができた」(金子氏)。
 オズモール、モバイルオズともに会費は設立当初より無料を貫き、収入源は広告である。現在の会員数は前者が22万人、後者が6万4,000人。ほぼ8割が女性だ。雑誌の購読者は20代半ばが中心だが、オズモール会員は若干高めの20代後半。モバイルオズ会員の属性は、当初、eメールアドレスのデータしか取っていなかったため明確には分からないが、雑誌やネットとほぼ同様と見られる。なお、 オズモバイルは現在、 i-modeのみの対応となっており、年内に全キャリア対応を目指す。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年12月号の記事