案件成功のためにナレッジを共有

日本アイ・ビー・エム(株)

ibm.comセールスセンターで案件を発掘

 日本IBMでは、複数の部門でナレッジマネジメントを行っている。その一環として、同社とその代理店(以下、ビジネス・パートナー:BP)で商談情報をインターネットを通じて共有する、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)システムを新たに構築した。
 同社が幕張に居を構えるibm.comセールスセンターでは、インターネット・電話を活用したビジネス発掘活動を積極的に行っている。発掘した案件には、同社が単独でアプローチするケースと、BPと共同でアプローチするケースがある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年12月号の記事