商品企画から、マーケティング手法までライフサイクルすべてに顧客の声を反映

松下電器産業(株)

タイムリーにニーズに応えるEコマース&コミュニティサイト「パナセンス」

 幅広い製品ラインナップと、全国2万店のナショナルショップという強力な販売網を誇る松下電器産業(株)。同社では、生活者の価値観や志向が多様化している現在、事業拡大を図るためには、タイムリーに顧客のニーズをつかみ、製品に反映する姿勢が不可欠と考え、2000年4月、Eコマース&コミュニティサイト「パナセンス」をオープンした。
 これは、掲示板やメールマガジン等による顧客との双方向コミュニケーションをベースに、ニーズに応える商品の企画・販売、情報提供を行うもの。
 Eコマースでは、パソコン、一部の家電製品などのほか、アクセサリー、周辺機器等を約1,000点販売。一般の店舗では品揃えが少ない商品も、購入翌日に顧客の手に届く利便性を備えているほか、色やロゴを自由に選んでオーダーメイドの自転車を購入できる「自転車お仕立て工房」というカスタマイズ販売のコーナーも用意している。また、カーナビのソフトなど定期的にバージョンアップされる商品については、同サイトで旧バージョンを購入した人に、新バージョン発売の数カ月前から案内メールを送るなど、きめ細かにニーズに応える工夫を施している。一方でコミュニティ機能では、同社はワインセラーも扱っていることから、ワインをよりおいしく飲むための情報提供・意見交換を行う「ワイン倶楽部」を用意。ほかにも同社の商品関連の情報について、掲示板方式でB to C、C to Cで意見交換できる3つのコンテンツを確保している。
 そして今回紹介するのは、2001年1月にスタートした「デザイン工房」。顧客の意見をもとに、商品のコンセプト作りから商品化、市場導入、サービスまでを創造する、商品開発に特化したコンテンツである。

松下電器HP-1 松下電器HP-2

「パナセンス」(http://www.sense.panasonic.co.jp/)と「デザイン工房」のトップページ。


この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年3月号の記事