商品開発は絆作り 顧客と対話する姿勢がもっとも大切

東洋水産(株)

社外のコミュニティサイト「Food’s‐Foo」に協賛

 水産加工品をはじめ、「マルちゃん」ブランドで知られる東洋水産(株)では、2000年から自社ホームページ「マルちゃん学園」を開設。「ハラヘリチェック」という“ハングリーレベル”を調べるゲームページや、さまざまなテーマを設けて投稿を募る「マルちゃんクラブ」など、あらゆるエンターテインメントを提供するコミュニティサイトである。
 開設の狙いは、顧客との絆作り。近年は市場成長率の低迷などにより、新規客の開拓よりも既存顧客をどう囲い込むかが企業の一大テーマとなっている。そこでOne to Oneが可能なネットを活用。日頃から食や即席麺等に関心の高い顧客層と、密なコミュニケーションを図る場を築いたのだ。
 同社は同じ狙いで、自社外のコミュニティサイトも協賛している。MBK流通パートナーズ(株)が主催する“食の総合サイト”「Food’s‐Foo」である。これは「食」に興味や関心のある生活者同士、また食品メーカーとのコミュニケーションを実現するサイト。季節の旬の食材やレシピを紹介する「食の歳時記」など、多くのコンテンツを用意しているほか、「食」関連のテーマによるアンケート、プレゼント・キャンペーンを実施。アンケートのテーマに連動した掲示板によるC to Cの意見交換も可能と、その充実した内容から、1日当たり数千ものアクセスを誇る人気サイトとなっている。このサイトのスポンサーである同社にとっては、生活者に情報交換の場を提供することで、ファン作りを実現できるほか、既存商品のアンケート調査を依頼しても、第三者的なサイトのため、顧客の本音を聞きやすいというメリットがあるのだ。
 そうした中、98年7月、「Food’s‐Foo」の「ラーメン天国」というコンテンツにおいて、カップ麺のアイデアを生活者から募る「第1回カップ麺コンテスト」が実施された。同社はMBK流通パートナーズの依頼によりアイデア審査を担当したが、集まったアイデアにはオリジナリティあふれる内容の濃いものが多かった。そこでMBKは本格的に商品化を検討した末、同社に依頼。同社では社内的な審議の末、生活者発想という初の試み、「インドメン」の開発・販売を実現したのである。

東洋水産HP-1

東洋水産の自社ホームページ「マルちゃん学園」http://www.maruchan.co.jp/

東洋水産HP-2

「食」をテーマにしたB to C、C to Cの意見交換の場「Food’s – Foo」。http://www.foods.co.jp/

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年3月号の記事