生活者の「空想」を実現するDesign To Orderという新たな方法

エレファントデザイン(株)

本当にほしいものを手に入れる

 現在は数多くの製品が存在する時代。特に家電をはじめとする工業製品は種類も充実。機能面、価格面ともに接近した製品が多いだけに、デザインが購入動機の鍵を握る傾向が強まっている。しかし、種類は多いにもかかわらず、自分好みのデザインを探してみると、意外に見つけにくいのが現実だ。
 そんなニーズに応えたのが、エレファントデザイン(株)が運営するサイト「空想生活」だ。このサイトは生活者からほしい製品案を募集し、それをもとに同社とパートナー関係を結ぶデザイナーがデザイン案を作成。サイト上に発表して、投票形式でその製品の購入希望者を募り、生産可能なロット数に達し次第、メーカーに依頼して生産・販売を実現する、というものだ。本来工業製品は、その製品専門の技術開発や金型が必要なため、オーダーメイドは不可能だった。しかし「空想生活」はこうしたDTO(Design To Order)を実現するとして、99年1月のオープン時(当時のサイト名は「空想家電」)から大きな注目を集めている。
 理念は「本当にほしいものを手に入れる」こと。これは同社代表取締役、西山浩平氏自身の希望でもある。同氏はかつて、携帯電話の品数がまだ乏しかった当時、好みのデザインの電話を見つけることができなかった。そこでデザイン案をCGで作成。住所と電話番号を入れたチラシを制作し、東京・表参道で通行人に配布。「ほしい」という人を募ってみると、予想外に多くの人から反応があった。そこで、今度は出版社にこの企画を提案。雑誌上で同じデザインを発表し、ハガキで意見を募ったところ、これも反響を呼び、生産可能なロット数に達する購入希望者を集めることに成功。メーカーに交渉し、同氏がほしかった携帯電話カバーの商品化を実現したのだ。
 現在の「空想生活」は、この経験がベースとなっている。つまり、多くの人との双方向コミュニケーションを低コストで実現するインターネットが、生活者のニーズを集めてメーカーに伝達することを、ビジネスとして成立させたわけである。

エレファントHP

http://www.cuusoo.com/

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年3月号の記事