個人情報を利用した円滑な対応で会員数も急伸

全日本空輸(株)

ビジネス・ユースの会員が中心

 全日本空輸(株)の「ANAマイレージクラブ」は97年4月に、国際線向けの旧「プログラムA」会員と、国内線向けの「ANAカード」会員を合わせた合計65万人でスタートした。その後、会員数の伸長は順調で、本年3月末には500万人を見込んでいる。
 メディア戦略においても、昨年は俳優の織田雄二を会員獲得のキャンペーン・キャラクターに起用。月ベースで7万〜8万人で推移していた新規入会者数は、現在でも月ベースで10万人単位で増加している。
 ANAマイレージクラブは全日空・エアーニッポン、および提携航空会社便の搭乗などでマイルが貯まり、貯めたマイル数に応じて、全日空の国内線無料航空券、国際線無料航空券、提携航空会社無料航空券などの特典と交換ができるシステム。入会は空港内などに配置、あるいは雑誌広告などに添付している申込用紙、もしくはインターネットからも申し込める。また、クレジット機能を有するANAカードは入会金と初年度の年会費は無料。VISA、MASTER、JCB、ダイナースと提携している(年会費は2年度から1,750円、ワイドカード8,000円、ワイドゴールドカード、およびダイナースカード1万5,000円が必要)。
 会員構成は6対4で男性が中心であり、年代別では30〜50代のビジネスマンが多いのが特徴。最近は、20代に関しては女性会員も急増しているが、これは99年1月より包括旅行運賃が積算対象となったことにともない、ツアー利用者もマイルが貯まるようになったことや、飛行機を利用しなくてもマイルを貯めることができる提携先(たとえばレストランやインターネットのプロバイダーなど)を拡大した結果だと言える。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年4月号の記事