インターネット取引で新規顧客獲得に成功

松井証券(株)

証券マンの役割を担うインターネット取引

 松井証券(株)は、約80年の歴史を有する独立系の中堅証券会社。1990年に通信販売を開始。1996年4月には、他社に先駆けて保護預かり料を無料にした。また、1998年4月、上場株5,000万円超、店頭株、オプション取引の手数料が自由化された時には、いち早くこれらの手数料を半額にまで引き下げるなど、業界の慣習を打ち破った新機軸を打ち出してきた、いわば異端児的な存在として知られている。
 同社では1998年5月より、インターネット上で最新の株価や企業・経済情報などの提供、割安な手数料での証券売買を行う総合的なインターネット上での証券取引「ネットストック」をスタートした。現在同社では、従来の外交セールスを主体とした販売方法はまったく採っておらず、電話とインターネットのみで取り引きを行っている。同社において「ネットストック」は、証券マンの役割を担うものとして位置付けられているのである。
 米国では、もともと金融機関ではなかったソフト会社のEトレードが、インターネット上での株式売買仲買を開始して以来、急速にシェアを拡大。異業種からの参入に危機感を募らせたフィデリティやシュワブをはじめとする大手証券会社が、次々とインターネット上での証券取引業務への取り組みを開始していった。国内においては、中堅では今川證券、岩井証券、大手では野村證券、大和証券など20社余りがインターネット上での証券取引業務に取り組んでいるが、いち早く着手した同社では、個人投資家層をターゲットに優れた操作性とリアルタイムでの最新情報の提供を前面に押し出して新規顧客を獲得してきた。現在の会員数は約3,000人。特に今年に入ってから月間300〜400人の規模で会員数が急増しているという。もちろん、それにともなって売り上げも増加。現在では、「ネットストック」の売り上げが全体の約20%を占めるまでになっており、同社では1999年の「ネットストック」による年間売上高は4億〜5億円に達するものと予測している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年3月号の記事