“お客様のために進化する”オフィス用品デリバリーNO.1企業

アスクル(株) 

流通サービス業に徹し、お客様が求める商品・サービスを提供

 オフィスに必要なものを翌日届ける「アスクル」、つまり“明日来る”サービスは、文具・オフィス家具メーカーのプラス(株)の一事業として、93年3月にスタートした。利用企業は94年11月に5万社を突破、95年12月に10万社、97年3月には20万社となり、売上高もこれに比例して94年5月期の2億円から1年ごとに6億円、19.4億円、56億円と鰻登りに増えてきた。97年5月、アスクル事業部はプラス(株)から独立し、アスクル(株)として再スタートをきっており、98年4月末日現在の利用事業所は32万カ所以上。98年5月期の売上高は105億円を超える見込みだ。オフィス用品のデリバリーでは、日本でNO.1の規模である。
 「アスクル」は従業員10人未満のスモール・オフィスをターゲットとしてスタートした、流通サービス事業だ。従業員30人以上の中規模以上の企業には出入りの業者があり、営業担当者がこまめに御用聞きに訪ねてくる。10人以上30人未満のオフィスは、必要な時に電話で注文して荷物を届けてもらっている。しかし、日本の全660万事業所のうち約95%を占める従業員10人未満のオフィスで働く人々は、仕事の合間を縫って店頭に足を運び、商品を購入して持ち帰るのが普通であった。「アスクル」は、これらのスモール・オフィスに、大企業が受けているフルサービス以上のサービスを提供しようと考えたのだ。だが現在では、中小事業所をはじめ、大規模事業所の利用も急増している。
 現在、配布されている『アスクル 1998年春・夏号』に掲載されているのは、OAサプライ、ファイル、紙製品、オフィス家具などに加え、洗剤やコーヒーまでを含む約4,500アイテム。オフィスで使うものをこれ1冊にまとめ、“ワンストップ・ショッピング”を提案している。現在のところ掲載商品数は号を追うごとに増えているが、同社では決して取扱商品が多ければ多いほど良いとは考えていない。利用者の利便性を追求した見やすく選びやすいカタログ作りのために、厳選した商品のみを掲載する方針だ。
 メーカー系列であっても、自社製品にこだわっているわけではない。誌面には、ぺんてる、ゼブラ、キングジム、3M…と親会社の“ライバル”製品がずらりと並ぶ。商品の仕入先は約200社におよんでいる。カタログは3月と9月、年2回の発行だ。
 サービスの信条は、まずスピード。単に「速い」だけではなく、約束した納期を守ることが重要だ。注文はフリーダイヤルのFAXとインターネットで24時間受け付けているが、FAXの場合は午後3時まで、インターネットの場合は午後5時までの受注分が翌日配送。土曜配送も可能だ。東京23区内ならインターネットでの午前0時までの注文も翌日中に、また、午前0時以降朝10時までの受注分は当日中に届く。さらに急ぎの場合は、1梱包当たり300円のサービス料金がかかるが、平日の午前8時から午後6時までに専用のフリーダイヤルの電話で注文すれば、翌朝10時までに届けてくれる。
 また、現物を手にとって確かめることができないという通信販売のデメリットを補完するサービスとして、60日間の返品保証を実施している。

『アスクル』カタログ。右は、機能だけでなくデザインにもこだわった、オリジナルのオフィス家具のページ 『アスクル』カタログ。右は、機能だけでなくデザインにもこだわった、オリジナルのオフィス家具のページ

『アスクル』カタログ。右は、機能だけでなくデザインにもこだわった、オリジナルのオフィス家具のページ

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年6月号の記事