世界最大のオフィス用品チェーン店が日本上陸!

オフィス・デポジャパン(株)

5年間で50店舗を出店予定

 オフィス・デポ社(Office DEPOT Inc.)はアメリカ・フロリダ州デルレイビーチに本社を構える、世界最大のオフィス用品チェーン店。1986年の設立以来、オフィスで必要とされるあらゆる製品を“エブリデイ・ロープライス”で提供し、顧客の支持を得て急成長してきた。98年2月現在、アメリカ国内には576店舗、カナダ、メキシコ、ポーランド、イスラエル、フランス、コロンビア、タイ、ハンガリー、そして東京・五反田にある日本第1号店を加えて657店舗を有し、店頭および通販を合わせた97年度の総売上高は67億ドルに上っている。
 オフィス・デポジャパン(株)は、広島県広島市に本社のある家電量販店、(株)デオデオ(旧社名:(株)ダイイチ)とオフィス・デポ社との業務提携により、96年5月に設立された。準備期間を経て、97年11月17日、まず東京23区内、および横浜市、川崎市での通信販売をスタート。続いて12月12日に東京・五反田店をオープンした。98年3月26日には広島・大手町店を開店し、同時に広島エリアでの通販もスタートさせている。
 五反田店が2,910平方メートル、広島大手町店が2,250平方メートルと、いずれも広大な面積の店舗には、オフィス家具、コピー用紙やコンピュータ関連のサプライ用品、パソコン、コーヒーなど、1万アイテムにおよぶさまざまな商品が整然と並ぶ。約150のメーカーとの直取引による大量仕入れで低価格を実現。国内有名企業の製品が大半を占め、輸入品の比率は15〜20%程度である。12本入りボールペンが99円、ゼムクリップ1,000個パックが269円といった、高品質・低価格を追求したオリジナル商品もあり、これらは全世界のオフィス・デポで共通に取り扱われている。
 営業時間は平日が午前8時から午後8時まで、土曜日が午前9時から午後8時まで。日曜日と祝日は、五反田店は午前10時から午後6時まで、広島大手町店は午前10時から午後8時までとなっている。
 同社では、今後5年間で3,000平方メートル規模の店舗を50店まで拡大し、全国の大都市圏を網羅する計画。また、コピーサービス、FAX送受信、スピード印刷などのサービスを提供するビジネス・サービス・センターにステーショナリー売り場を併設した新業態、「エキスプレス」を、同じく5年間で300店舗、出店する予定だ。

オフィス・デポ東京・五反田店

オフィス・デポ東京・五反田店

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年6月号の記事