ユーザー同士がリアルタイムでコミュニケーション People Space

(株)ピープル・ワールド

パソコン通信、インターネットに続く第三の事業として

 パソコン通信「People」の(株)ピープル・ワールドは、1994 年 7 月のスタート当初から、日本初の GUI(Graphical User Interface)の採用による豊富な画像情報の提供、また、インターネット接続を見込んだシステムを導入するなど、マルチメディア時代の到来を睨んだネットワークの構築を推進してきた。その同社が今、「People」、インターネット接続サービスに次ぐ第三の柱として力を入れているのが、3 次元仮想空間「People Space」である。

ピープル-A ピープル-B ピープル-C ピープル-D

本格的なスタートから約 3 カ月。 今後ますますコンテンツが充実する予定の「PeopleSpace」

 1996 年 10 月に 3 次元空間を落としこんだ CD-ROM の「Ver.1」を、1997 年 4 月には「Ver.2」をリリース。CD-ROM はコンピュータ関連のイベント会場で来場者に手渡したり、パソコン雑誌や同社の株主でもある日本アイ・ビー・エム(株)のパソコンなどに添付、また、「People」会員にダイレクトメールを送り、CD-ROM の請求を促進するなどの方法で、1 号当たり約 100 万枚を配布している。「Ver.2」からは利用に際して 1 日 200 円の“入場料”を設定、本格的な事業として新たなスタートをきった。「People」 120 分と「People Space」10 日で 1,000 円、同じく360 分と 30 日で 2,800 円のおトクなコースもある。CD-ROM は Windows95 専用版だ。
 「People Space」には精巧な 3 次元画像で作られたいつくもの島があり、風景、街並み、行われているイベント内容などは「ほとんど毎日のように」(営業推進担当部長 内田洋輔氏)変化している。CD-ROM にインターネットをプラスすることによって、この“変化”やハプニングに遭遇する楽しみを味わうことができるわけだ。
 利用者はアバター(化身)となって街を散策するのだが、オンラインで接続していると、その時、同様に「People Space」を訪れている人のアバターが見え、その場でチャットを楽しめる。アバターの後を追いかけてくるバーチャル・ペットは時とともに成長する。また「People Space」の中には会員自身が作った家が立ち並ぶ一角があり、そこではパーティや展示会など思い思いのイベントが日々、繰り広げられている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年7月号の記事