日本のCRに先鞭

ジャスコ(株)

 日本の CR の先駆けとなったのが、ジャスコ(株)と花王(株)の取り組みである。アメリカのCRをウォルマートとP&Gがリードしたように、日本のそれも、日用雑貨における ECR からはじまったのである。
 両社が新しい取引形態をスタートさせたのは 1993 年 10 月。それまでジャスコ(株)では、集計した POS データに基づき、担当者が独自の EOS コードを用いて発注作業を行っていたが、花王製品に関してこの EOS コードの使用を取りやめ、JAN コードによる両社共通の商品マスターを構築。売り上げ、納品から、売り掛け・買い掛けデータまでを一括処理する仕組みを作り上げた。商品マスターのメンテナンスは花王(株)が担当する VMI(Vendor Managed Inventory)の形態である。
 ジャスコ(株)の本部では、店舗から上がってくる POS データを、1 日単位で花王(株)に EDI 送信。花王(株)ではこのデータと販売予測指数(変動係数)に基づいて適正な納品数量を算出、花王販社経由で各店に届ける。販売予測指数は、ジャスコ(株)が地域特性、過去の売上実績、プロモーション計画などの条件をかけ合わせて店舗ごと、週ごとに設定、あらかじめ花王(株)のホストコンピュータに登録しておく。
 当初はまず首都圏の大型店舗、北戸田店と駒岡店の 2 店でスタート、現在は全国約 250 店舗のうち206 店舗でこのシステムを稼働させている。
 このシステム導入によって不要になったものは、発注作業にかかる手間と時間ばかりではない。納品情報は前日に EDI で届けられるので、検品レスが実現。また、年間に 30 万枚以上発行していた発注・納品伝票、請求・支払伝票が一切要らなくなった。これによって削減できたコストは、年間約 1 億円に上るという。また、標準化された JAN コードを用いるため、ジャスコ(株)の EOS コードを花王(株)の自社コードに変換する必要がなくなり、ピッキングなどに関わるミスやトラブルが大幅に減少した。欠品がなくなり、顧客サービスの向上、売上拡大が実現したことは言うまでもない。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年6月号の記事