商品とともに信頼できる情報を

(株)バイス

商品と併せてソフトを提供

 “ベビーネンネ”のブランド名でベビー用品を製造・販売するキングベビー(株)(本社:大阪府箕面市)から、ベビー用品専門店「ワイズマミィ」と、育児に関する研究を行う「育児文化研究所」の 2 部門を引き継ぎ、 1996 年 5 月にスタートしたのが(株)バイスである。現在、店舗および研究所を、東京都港区、大阪府箕面市、名古屋市、仙台市の 4 カ所に構える。
 ワイズマミィの取扱商品は約 200 アイテム。そのうちおむつカバー、肌着、アウターウェア、マタニティ用インナーウェア、ベビー寝具など“ベビーネンネ”の製品が約 60%、残りの 40%は他社製のアウターウェアや輸入雑貨などだ。

A_11 A_10

ワイズマミィの資料請求者に送る“ベビーネンネ”のカタログ

 「赤ちゃんのために本当に良いものを」と考えて作られた商品は、使い方やメンテナンスに細やかな気配りが必要。そこでワイズマミィでは、来店したお客様に対して、十分に時間をかけて、詳しく商品についての説明をする。この“指導販売”によって、納得してから商品をお買い求めいただくのが同店のポリシーだ。1 店舗当たりの購入客は月に延べ約 600 人。最多価格帯は 2,000 〜 3,000 円台と決して高くはないが、まとめ買いが多いため、平均客単価は 2 万 2,000 〜 2 万 5,000 円であるという。
 また同社では、顧客の便宜を図って通信販売も実施している。店舗ではまず必要最低限の品物をお買い上げいただき、「足りなくなったらお電話ください」と電話での追加注文を勧めている。同一商品、サイズ違いの商品などの購入には、通信販売を利用する顧客が多く、1 日平均約 10 件の申し込みがあるという。
 「商品と併せてソフトを提供する」(代表取締役 谷口洋氏)姿勢は、販売方法だけでなくセミナーというかたちでも具現化されている。同社の理念は、顧客に「良いマタニティライフ、良いお産、良い育児を実践してもらうこと」(谷口洋氏)。さまざまな情報があふれている中で、迷うことなく、プラス志向で出産・育児に取り組んでいくための、信頼できる情報、正しい知識の提供がその目的だ。
 ワイズマミィでは、顧客のために毎月数回、無料のマタニティセミナーを開催。赤ちゃんの脳とからだの成長や母乳についての知識、おむつのあて方や着替えのしかたを約 2 時間かけて指導する。定員は会場によって 20 〜 30 人で、参加には電話予約が必要だ。

Happy Heartful World

 育児文化研究所では、これとは別に有料のセミナー「マタニティスクール」を開催している。1 日約 2 時間 30 分、全 4 日間のコースで、「赤ちゃんの脳・心・からだの発達と胎教」「温めて安産・産前産後の過ごし方アドバイス」「ベビー衣料の着せ方・選び方実習」「母乳指導・心とからだ」のそれぞれについて、各分野の専門家が指導する。受講料は 1 万 2,000 円。店舗ごとに年 3 〜 12 回、毎回 40 〜 120 人を集めて実施し、総受講者は年に 7,000 人以上を数える。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年5月号の記事