フリーダイヤルでファンドを購入

野村證券(株)

電話窓口で潜在顧客を開拓

 証券会社最大手の野村證券(株)が投資信託(ファンド)の通信販売をはじめた。1996 年 12 月 2 日にスタートした「ファンドネット」がそれ。通信販売を行っている証券会社はほかにも数社あるが、投資信託に特化しているのは同サービスのみである。
 従来、ファンドは証券会社の窓口でのみ販売されていたが、最近では証券会社による 通信販売や投資信託会社による直接販売などに、販売チャネルが広がっている。とは言え、証券会社は一時期の「中期国債ファンド」ブームで一般生活者にぐっと身近な存在になったとはいうものの、郵便局や銀行に比べるとまだまだ馴染みの薄い存在。日本人の有価証券保有率はわずか 15%弱と言われている。ここ数年続いている超低金利時代は、個人資産を銀行預金からファンドに移行させる絶好のチャンスだ。この機をとらえて顧客拡大を実現するためには、全国約 135 の支店の営業力に 100%を頼っていたのでは追いつかない。店舗でフォローしきれない、近くに店舗がない、店舗に足を運びたくないといった人々のために手軽な電話窓口を設け、間口を広げることによって、これまで取りこぼしてきた需要をすくい上げることが「ファンドネット」の狙いである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年2月号の記事