お客様の生の声から生まれた、サクサクのおかき 越後 焼きたて三日 おかき庵

(株)ドゥ・ハウス/(株)みながわ製菓

延べ 100 人以上が試食・討論

 首都圏に約 480 人、京阪神地区に約 180 人の主婦モニター、DO さんを組織する(株)ドゥ・ハウスでは、 1994 年、新潟県新潟市に本社を構え、米菓店「いろり庵」の展開を行っている米菓メーカー、(株)みながわ製菓と組み、新事業としておかきの直販事業を開始した。
 (株)みながわ製菓では、自社店舗、一般の卸ルートのそれぞれの販売チャネルに合わせ、まったくタイプの違う米菓を製造しているが、作り手の熱意を食べる人にダイレクトに届けたいという想いから、さらにもうひとつのチャネルとして、通信販売に興味を持っていた。しかし一番の課題は、顧客の開拓。そこで(株)ドゥ・ハウスがマーケティングを担当し、同社が展開するサンプリングサービス「クチコミセンター」を活用してプロモーション活動を展開することになったのだ。
 DO さんは商品開発の段階から、新事業にかかわった。(株)ドゥ・ハウスではおかき好きの DO さん 20 人を選抜、約半年間に 3 回、商品開発チームとともに試食会に参加させた。そこで味、パッケージ、価格などについての意見を収集、これを反映させて「えびかりぽり」「青のりかりぽり」「のり巻かりぽり」「そふとかりぽり」の 4 種類のおかきをつくり上げた。
 本場米どころ、新潟では、さくっと軽い歯ごたえが好まれているのに対し、特に首都圏では硬いせんべいが高級品として珍重されている。試食会では「やわらかすぎるのではないか」という声も聞かれたが、あえて越後の伝統を生かし、軽いおかきの良さを PR することに決定。
 原料は新潟産の高級餅米「黄金餅」。注文を受けた翌日に熟練職人が手焼きし、「ゆうパック」で 3 日のうちに全国に配送。マスプロダクトでは実現できない注文生産が最大の“売り”だ。
 価格帯は 34 枚入りが 2,450 円、50 枚入りが 3,600 〜 3,700 円。結果的に DO さんの意見より、幾分高めの設定になった。

申込ハガキが付いたパンフレット

申込ハガキが付いたパンフレット

「お試しセット」の内容。特に「おまけかりぽり」が付いている

「お試しセット」の内容。特に「おまけかりぽり」が付いている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事