利用者も生産者も「納得」のシステム 青森りんごもぎたて頒布会

青森りんご流通振興協会(株)

良いりんごを割安価格で、心ゆくまで賞味

 市場で取り引きが終了するまで、果物の価格はないも同然。通常、生産者は仲介業者に市場への販売を委託するのが決まり事になっているが、日によって相場はバラバラ、地元では高い値が付いたのに東京では底値、ということも稀ではない。生産者が丹精こめて作ったりんごが納得のいかない価格で取り引きされるのに耐えかねたある問屋が、定価販売で直販を行うために 1985 年 5 月に設立したのが、青森りんご流通振興協会(株)である。
 定価販売と言っても、小売が介在しない分だけ良い商品を安く提供できる。同社ではさらに、4、5、6、 7、8 回の頒布会方式を中心に据え、あらかじめ販売量を確保することで、より割安な価格設定を実現した。りんごは品種によって収穫期が異なる。その時々に穫れるりんごを、3kg、5kg、10kg のうち顧客が指定した量だけ届けるというシステムである。価格は 3kg の 4 回コースで 1 万円から。最高級 10kg の 8 回コースが 7 万 2,000 円だ。
 数年前からは有機栽培を行っている農家のグループと組み、有機栽培頒布会も設定した。りんごのほかに、青森産のぶどう(スチューベン)、メロンや、りんごジュース、りんごケーキ、フルーツシャーベットなどの加工品も取り扱っている。
 頒布会よりやや割高であるが、単品での注文も OK。千秋、世界一、王林など 9 つの品種のりんごを、 3kg、5kg、10kg の単位で申し込める。ちなみに価格は 3kg 詰めの場合、家庭用で 3,000 〜 4,000 円、最高級で5,000〜6,000円。10kg詰めでは家庭用で6,000 〜 7,500 円、最高級で 9,500 〜 1 万 2,000 円となっている。
 一度でも購入歴のある人は、同社の会員になる資格がある。会員になると、商品によっては 1 割程度の割安価格で購入できるという特典が受けられる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事