常に期待以上のサービスを提供 味の明太子ふくや

(株)ふくや

顧客の要望に応えて通販を開始

 (株)ふくやは 1948 年の創業。業務用食品などを販売する雑菓商としてスタートしたが、創業の翌年に先代社長が「味の明太子」を発案、製造を開始したのである。
 以来同社は、地域に密着した事業展開を行ってきた。36 の店舗はすべて、福岡県内にある。例外的に羽田空港と浜松町のモノレール駅構内でも販売を行っているが、基本的に県外には出店しない方針を貫いている。“博多発”の情報を発信し続けたい、地元博多に利益を還元したいというのが、その理由だ。
 福岡を訪れて辛子明太子のファンになった人たちから、「ぜひ送ってほしい」という要望が数多く寄せられる。そこで同社では、1970 年頃から、前払いの現金書留で代金を受け取り、商品を発送するサービスを実施してきた。1985年にはお客様の便宜を図り、電話で注文を受け付ける「受注センター」を開設。本格的に通信販売事業を開始して、現在に至っている。
 年 4 回発行のカタログには、オリジナル商品の「味の明太子」「数の子めんたい」「いかめんたい」などのほか、ふぐちりセット、博多ラーメンなど約 90 品目の珍味が並ぶ。オリジナル商品はアイテム数では約 50%だが、売り上げでは約 85%を占めるという。カタログの仕様は 19.5cm×21cm、24 ページで、発行部数は夏・冬号がそれぞれ 60 万部、春・秋号がそれぞれ 5 万部。通販の実績客に郵送するほか、店頭でも配布している。通販の場合、客単価は約2万4,000円。レスポンス率は 23%に上るという。
 新規顧客は、主に顧客の口コミで開拓されている。新聞、雑誌などへの広告展開は一切行っていない。その理由を、同社課長、横手了氏は「高い広告料をかけて獲得した新規顧客が、果たして固定化するかと考えると、はなはだ疑問。その点、顧客の紹介があった場合は、固定化率が高い」と語る。

A-15

ふくやの通信販売カタログと、料理ブック

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事