作り手として、作りたいものを 樽一本店つくり味噌

石山味噌醤油(株)

伝統食品の本質を追求

 新潟県新潟市に本社を構える石山味噌醤油(株)の創業は 1906(明治 39)年。自然とともに時間をかけて、伝統的な製法で味噌、醤油をつくってきたが、高度経済成長期を経て、日本の食卓になくてはならないこれらの食品も、大 生産と熾烈な価格競争を余儀なくされていく。
 安い原料を求め、製造工程を簡略化する。これでは本当に美味しい味噌などつくれるはずはないとわかっていても、コストを削減して価格を下げなければ商品はスーパーマーケットの店頭に並ばない。納得のいかない想いを懐に押し込めてようやく店頭の陳列棚を確保しても、所詮、薄利多売の世界。作り手の苦労が報われることはない。「不毛な販売競争に疲れ果てちゃったんだよ」。社長の石山謹治氏は「つくり味噌」スタートの経緯をこう語る。
 石山氏は 1987 年 3 月、それまで実験的に行っていた高級味噌通販部門を独立させる形で(有)樽一本店を設立。作り手のこだわりが消費者に伝わるかどうか、確信はなかったが、ともかく「作りたいものを作りたい」一心だった。「週刊文春」「週刊新潮」「日経ビジネス」の 3 誌に記事広告を出稿し、申し込みを待った。
 ある週刊誌の広告担当者は「レスポンスがあるかどうか、責任は持てません。雲隠れしたい心境ですよ」と言ったというが、初回の申込者は約 1,600 人集まった。石山氏は「本当に嬉しかったですよ」と当時を回想する。

樽一本店のカタログ、情報誌「樽一 信」掌シリーズと、週刊誌に掲載した記事広告

樽一本店のカタログ、情報誌「樽一 信」掌シリーズと、週刊誌に掲載した記事広告

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事