インターネットによるパーソナル・オーダーを実現

(株)サトー

オリジナル商品への“夢”

 東京から「あずさ」に乗って 2 時間半、JR 下諏訪駅から「御柱(おんばしら)」で有名な諏訪大社方に 7 〜 8 分歩くと、のどかな田舎道の一角に、近代的な円筒型のビルが見えてくる。これがインターネットで送った画像を編み込んだオリジナル・セーターを作ってくれる「インターニット」で知られる(株)サトーだ。
 諏訪湖を取り囲む岡谷、下諏訪は、古くから養蚕がさかんであり、製糸産業が栄えた地域。戦後も東京から疎開してきた職人たちがシルク 100%のセーターを作り続け、昭和 27 〜 28 年頃までは「ガチャ万時代」(“ガチャ”と機械を動かすと、万単位のお金が儲かる)と言われていた。その後昭和 37 〜 38 年頃にはアクリルが登場し、それまでの製糸産業は徐々にニットメーカーへと転身を図っていく。しかし時代の趨勢とともにこれらのニットメーカーは、「多品種小ロット」生産を強いられ、また発注サイクルが短縮化する中で、メーカーにとっての命綱である「生産の平準化」もままならなくなっていった。
 このような中で同社では、フルゲイジの設備を揃えて DC ブランドに売り込みをかけるなど、生き残りをかけてさまざまなチャレンジを行ってきた。現在ではその技術力が評価されて、ジュンコ・シマダなどトップデザイナーの高級ニット製品を手がけるに至っている。しかし、時々ふと頭をもたげるのが、ニット・メーカーとしてのオリジナル商品への夢。「売り先(販売チャネル)がない」ことが、その実現を阻んでいたわけだが、この問題を解決して一気に夢を実現したのが、少ない初期投資で世界に向けてオリジナル商品が販売できるインターネットだった。
 同社が「インターニット」を開始したのは、地元にインターネットのアクセスポイントができたのがきっかけ。これを機に、1995 年のクリスマス、12 月 25 日にホームページを開設した。「インターニット」の立ち上げに当たって苦労したのは、プロバイダーとの諸々の調整、および顧客がインターネットで送ってくる画像の受け取りと、これを CAD にどのように移行するかといった点。当初は丸首セーター 1 点のみでスタートしたが、試行錯誤の連続だったという。

(株)サトーの社屋

(株)サトーの社屋

オリジナル・ニットを作りませんか」と呼びかけるパンフレット オリジナル・ニットを作りませんか」と呼びかけるパンフレット

「オリジナル・ニットを作りませんか」と呼びかけるパンフレット

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年12月号の記事