宿泊客との長く親しいお付き合いを

ワシントンホテル(株)

固定客獲得にポイントシステムを導入

 全国主要都市に 63 軒あるワシントンホテルでは、主に出張で利用するビジネス客をターゲットに、シティホテルクラスのサービスを提供している。同ホテルはワシントンホテル(株)と藤田観光(株)の 2社の共同事業として展開・運営されており、西日本は前者、東日本は後者の担当地域となっている。今年9 月 11 日にオープンした成田エアポートワシントンホテルを含めた全国 63軒のうち、ワシントンホテル(株)の直営店が23 、フランチャイジーが7 、藤田観光(株)の直営店が19 、フランチャイジーが 14である。
 このすべてのホテルで利用できる 「ワシントンカード」は、ホテル業界初のポイントカードとして 1978 年 3 月に発行を開始。 7 軒目の高松ワシントンホテルがオープンした年だ。故・初代会長が「頻繁に利用してくださるお客様に、お札として少しでも利益をお返しする」ための方法としてポイントシステムを発案。顧客の固定化が、その目的であった。
 「ワシントンカード」の入会金は消費税込みで 1,000 円。年会費はかからない。入会手続きは、ホテル内に設置してある申込書に名前、性別、生年月日、会社名および部署名、業種、会社または自宅の住所と電話番号を記入するだけ。
 会員にはワシントンホテルでの宿泊料 100 円、飲食費200 円につき 1点をポイントとして加算し、合計が1,000ポイントになった時点で、どのワシントンホテルでも 1 万 円 をキャッシュバックする。カード自体にクレジット機能はないが、現金払いだけでなくクレジット払いの場合でも、加算されるポイント数は同じだ。宿泊は 1 日 1室のみのカウントであるが、飲食では同席者を含むグループすべての料金に対してポイントがつく。有効期限は2年間で、その後1年間に400円の料金を払って更新手続きをすれば、そのままポイントを継続することができる 。
 キャッシュバックのほかに、日・祭日の宿泊料金20%割引、サインをするだけでチェックインがOK、誕生日に宿泊もしくは飲食を利用するとプレゼントを進呈するなどの特典が用意されている。
 会員募集は、主に各ホテルで、利用者に対して行っている。チェックインの際にフロントで、会計時に飲食店のレジで、ホテルのスタッフがサービスの説明をし、入会をすすめるといった方法である。
 そのほかには新聞と新幹線内の車額広告を活用。朝日、読売、毎日各紙に年2 回ずつ「ワシントンカード」会員募集広告を出稿。また、新施設オープン案内の広告にもカードの入会案内を掲載する。新幹線は東海道、東北 、山陽、上越などの各線で、それぞれ年1 ~2カ月ずつ告知している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年10月号の記事