カード利用実績に応じて最大10%の割引を適用

(株)伊勢丹

優良顧客には割引率をプラス

 新宿を本拠地に東京都内に 4 店舗、神奈川・相模原、埼玉・浦和、千葉・松戸に各 1店舗を構える(株)伊勢丹。ここ数年下降線を辿っていた年商は 1995 年度に上向きに転じ、 7 店舗で4,140億円を達成している。
 7 月に(株)阪急百貨店との業務提携を発表するなど、業容拡大に積極的な取り組みを見せている同社では、 9月 6 日にハウスカードである「アイカード」を刷新。過去 l年聞のカード利用額に応じて最大 10%の割引特典を設けた新システムをスタートした。
 「アイカード」は 1987 年6 月に発行を開始。満 18 歳以上で、自宅に電話連絡が可能であれば入会が可能だ。入会金は無料。年会費は初年度無料、 2 年目以降は 2,000 円(消費税別)である。 1 回払い、 2 回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス時支払い額指定分割払いが利用でき、従来から、いずれの支払い方法の場合でも 5% の商品割引が受けられた。ただし、 3,000 円未満の商品、生鮮食品、金券、貴金属、セール品は割引除外品である。8 月末時点で、「アイカード」の累計発行枚数は約 254万枚。そのうち 1年に 1 回以上利用されているのは約 130万枚だ。第一の発行目的であった「顧客固定化」の成功を証明するように、来店頻度の高い伊勢丹ファンは、ほとんどがカードホルダーであるという。しかしこれまでは、割引対象品にはカードを利用するが、除外品は現金、あるいは銀行系、信販系のクレジットカードで購入していた会員も多かった。
 より一層カード利用率を高め、そこで得られる会員情報を品揃えや売場づくりに生かすことによって、会員とのより深い関係を構築したいとの想いが、新システム開発・導入の契機となった。今年4 月の景表法改正を機に、百貨店各社が相次ぎ新カード戦略を打ち出しているが、その中でも「アイカード」は一際ユニークな光彩を放っている。①最大割引率が10%と外商並みに高い、②カード利用実績によって割引率が異なる 、③後日の商品券引換や払い戻し方式ではなく、はじめから割引後の金額が請求されるといういずれの点においても、顧客にとってのメリットと使いやすさが追求されているのだ。
 新システムにおいても割引除外品は従来通り設定されているが、利用実績には反映される。家族カードの購入額も合算され、また、商品代金ばかりでなく、消費税や送料などを含めたカード決済額の全額がカウン卜されるのも大きな特徴。もちろん同社のカタログ通販での利用も対象となる。
 1 年間のカード利用実績が20万円未満の場合には従来通りの 5% 、20万円以上 100万円未満の場合は7%、 100万円以上の場合には 10%の割引特典が与えられる仕組みだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年10月号の記事