良い品を舌で選び、足で顧客を開拓 商売は地道に、シンプルに

酒のやまいち

売り上げの 50% が通信販売

 埼玉県浦和市にある酒のディスカウントショップ、やまいち。 JR埼京線、武蔵浦和駅から車で約 10分と、決して立地が良いとは言えないこの店の年商は、約 38億円に上る。
 狭い道路を挟んで建つ 2棟の店舗には、所狭しと商品が積まれ、色とりどりの手書きの POPが並ぶ。 1 カ月の来店客は延べ約2 万5,000 人に及び、土・日曜日ともなれば60台収容の駐車場が満車になる賑わいだ。だがそれだけではない。売り上げの約半分を支えているのは、通信販売である。
 酒のやまいちの開店は、1978 年。 1986年に法人組織に改組し、現在に至っている。この間同店では、全国の大都市圏に新聞折り込みチラシを配るなどして手探りで始めた通信販売を、 1989年 11 月にコンピュータ・システムを導入、本格始動させている。相次ぐディスカウント店の出店で「店頭販売の商圏が縮小している」(常務取締役 小澤宏吉氏)現状の中、通信販売が売上拡大の生命線になっているのである。
 使用しているホストコンピュー夕、ワークステーションはIBM製。ソフトは自社開発した。現在ここに登録されている既存顧客は8万5,000 人。北は北海道から南は九州、沖縄まで、顧客は全国津々浦々に散らばっている。
 注文は電話と FAX 、どちらもフリーダイヤルで年中無休、午前 10時から午後8 時まで受け付けている。日中は専任のパート社員 6人が、夕方からは男性社員が交代で対応に当たる。フリーダイヤルは電話と FAXを合わせて 10 回線。 1 日に約 200件の注文があり、客単価は約2万円であるという。

5-JPEG-0005

所狭しと商品が並ぶ「酒のやまいち」の店頭風景

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年8月号の記事