ディベロッパーとテナントが二人三脚でショッピングモールの魅力を維持・向上

アウトレットモール リズム

全店「OFF PRICE」のショッピングモール

 東武東上線で池袋から約 25 分のふじみ野駅から徒歩4分。 1万8,596平方メートルの広々とした敷地内に、米国西海岸のショッピングセンターを思わせる 2 階建て のオープンモール「リズム」がある。メーカーが作り過ぎて売れ残った商品やキズ物などを格安の価格で提供し、米国で人気の業態、アウトレットショップを手本に、「高品質、適正価格」を指向。メーカー直営だけでなく、並行輸入や流通系の店舗も含め、ドラッグストアなど一部を除いて全37店舗のうちほとんどが“OFF PRICE 商品”を提供している。佐藤工業グループの(株)ディアライフが事業主体となり、リズム開発(株)が管理・運営を担当して、1993年11月12日にオープンした。
 商品は婦人・紳士衣料を中心に、雑貨や食品も充実している。商圏は半径6km圏内をコアに、成増、所沢、大宮、鶴ヶ島を結ぶ半径15km圏内までが射程距離に含まれる。車で訪れる来場者のために800台収容の駐車場が用意されているが、激安ブームにのりマスコミにたびたび取り上げられたオープン当初には、6駅先の朝震まで車の列ができたという。
 集客のための広告は、新聞折り込みチラシが主体。季節ごと、また、アニバーサリーやクリスマス、年末年始に、年8回程度配布する。これとリクルートが発行している『生活情報誌360』などのタウン誌を併用して、来場促進を行っている。
 来場者はファッションに関心の高い20~30代と、価格に敏感な40~50代が中心だ。休日を利用して月 1 ~2 回、家族連れで、車でやって来るというのが、平均的な来場者像である。同じ敷地内に高層マンションがあるため、食品などを求めに毎日のように訪れる客も多い。土・日曜日の来場者数は平均l万2,000~1万3,000人。年間約250万人が訪れ、そのうち購入者は約 190万人であるという。

それぞれに個性的な 37店舗が軒を連ねるアウトレットモール「リズム」

それぞれに個性的な 37店舗が軒を連ねるアウトレットモール「リズム」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年8月号の記事