ゴールドポイントカードが築く顧客との“親密な関係”

(株)ヨドバシカメラ

良いお客様に利益を還元

 (株)ヨドバシカメラが「ゴールドポイントカード」の発行を開始したのは、 1991 年 11 月のことだ。この年同社では、商品データベースの構築、全店への POS システムの導入を完了し、在庫のリアルタイム管理を実現。次に必要なのは、同じコンピュータ・システムを活用して、顧客により高い付加価値を提供することであるとの考えからスタートしたサービスであった。
 同杜がカメラや電化製品などの商品を安価で提供しているのは周知の事実。その安さが多くのファンを惹きつけてきたことは間違いないが、ディスカウンターが増加する中、安いだけでは他社との差別化を図ることは難しくなっている。店頭価格を単にこれまで以上に下げるのではなく、既存の優良顧客に利益を還元しようと同社では考えた。東京・新宿に出店したばかりの CD (コンパクトディスク)専門店に、「同じヨドバシカメラが経営しているのに、なぜカメラは安くて、CDは定価販売なのか」という顧客からの意見が寄せられていたこともポイントカード導入のきっかけになった。
 「ゴールドポイントカード」導入と同時に、それまで行われていた店頭での交渉による値引きを取りやめ、顧客間の不公平をなくした。その上で、購入金額に見合ったポイントが加算されるポイントカードを導入。お客様が、平等に利益を享受できる仕組みを作り上げた。
 ターゲットは同社の既存顧客。そのため、会員募集告知はマスメディアなどを使わず、店内に設置したポスター、チラシ、 POPと、お買い上げいただいたお客様にレジで入会をお勧めする方法で行った。入会希望者は申込票に住所、電話番号、氏名、性別、生年月日を記入するだけ。申し込み当日の買い物からポイントが加算される。その結果、会員は月間約 10万人ずつ増加、スタート1年で 100万人を突破。現在では約 660万人を数える。
 レジでは必ずカードの有無をお客様に尋ねているが、10 人中 9人が「ゴールドポイントカード」利用者であるという。

家電量販店のポイントカードの先駆けとなった「ゴールドポイントカ ード」

家電量販店のポイントカードの先駆けとなった「ゴールドポイントカ ード」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年8月号の記事