ポイントシステムで7%還元3カ月間で40万人の会員を獲得

(株)高島屋

いちはやくポイントシステムを導入

 老舗百貨店、高島屋ではかねてよりハウスカードである「高島屋カード」を発行してきたが、今年4月の景表法改正を機にシステムを刷新、ポイントシステムを導入した。
 同社では今年秋、東京・新宿に新店舗を開店するが、この店舗ではこれまでの主要顧客層であるハイクラスのミセスばかりでなく、働く若い女性もターゲットとしている。システムの刷新は、新宿店の新規顧客開拓の使命を担うものでもある。そこでこの企画・開発チームには女性パート社員も登用し、意見を聞いた。また、ポイントカードを発案したチームの責任者は、直前まで婦人服売場のマネージャーを務めており、顧客のニーズを身にしみて知っていた。新システムの開発は、「コスト計算からスタートしたのではなく、いかにお得意様に満足していただくかを考えた結果」( 百貨店事業統括部 営業政策担当 係長 米山篤氏)であると同社は強調する。
 3月に会員獲得キャンベーンを開始、全国紙と『ミセス』などの女性誌を中心に会員募集のダイレクトレスポンス広告を展開し、 5 月 16 日に新システムがスタートした。初年度で 100万人の会員獲得が目標だが、すでにキャンペーン開始から 3カ月間で約 40万人の新会員を迎えている。旧カード会員約200万人については、更新時に新カードに切り換えていく。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年8月号の記事