コンタクトセンター最前線(第64回):警備業に欠かせないいつでも、迅速なサービス提供を目指し365日・24時間有人対応のコールセンターを開設

綜合警備保障(株)

綜合警備保障 (株)では社会の安全確保に貢献することを経営理念に掲げ、さまざまなセキュリティサービスを提供している。同社では、警備会社の「いつでも」と「迅速」というイメージを資料請求や問い合わせを受け付けるALSOKテレホンサービスセンターにも具現化。365日・24時間のコールセンターを構築し、応対においても迅速をモットーに、日々取り組んでいる。

情報提供とリード獲得を担う営業支援拠点として稼働

 綜合警備保障(株)は、法人および個人を対象にセキュリティサービスを提供する警備会社である。主な業務内容は、機械警備、常駐警備、警備輸送、綜合管理・防災の4つ。中でも機械警備は通信技術とハイテクノロジーにより構築された集中管理システムによる警備システムで、オフィスはもちろん一般の住宅にもサービスを提供している。
 警視庁が発表した「平成17年上半期の犯罪情勢」によると、侵入窃盗、侵入強盗の発生件数はここ数年、高水準で推移。また、増加を続ける犯罪に対し、 検挙件数は低迷している。その後も犯罪は沈静化することなく、年々凶悪化する中、国民の治安に対する不安は増大。安心して暮らせる日常を求めて、ホームセキュリティへの関心が高まっている。とはいえ、ホームセキュリティの普及率は全国4,900万世帯のわずか1%にすぎない。
 まだまだ開発の余地が大きい未成熟な市場であることから、近年同社では営業力とサービスラインナップの強化に注力している。2003年3月に携帯型専用端末機を使用した位置情報検索・ガードマンによる現場かけつけサービス「あんしんメイト」 、2004年11月に月々4,000円からと低価格ながら高品質なホームセキュリティシステム「ALSOKホームセキュリティ7(セブン)」を発売した。さらに2005年11月には、多様化する市場のニーズを反映させた多機能型ホームセキュリティシステム「ALSOKホームセキュリティX7(エックスセブン)」の販売を開始し、個人市場に向けて積極的な営業を展開している。
 ホームセキュリティの営業活動において大きな役割を果たしているのが、ALSOKテレホンサービスセンターである。現在、同センターは、リードの獲得を担う営業支援拠点として、日々活躍している。

0703s1

テレビ、新聞、Webサイトなど、さまざまな媒体を活用して広く告知している

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年3月号の記事