通信ネットワーク最前線(第58回):24時間オペレータ対応でお客様に安心感を提供

東京三菱ティーディーウォーターハウス証券(株)

2000年3月に東京三菱銀行と北米・TDウォーターハウス社を主要株主として設立された、東京三菱ティーディーウォーターハウス証券。証券業界初の24時間・365日オペレータ対応のコールセンターを開設。多くのお客様に最良のサービスをリーズナブルな料金で提供することを目指している。

ビギナー対応力第一位を獲得

 日本国内はもちろん、海外でも業務を展開し、信用力をもつ東京三菱銀行。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、香港、日本などグローバルに事業を展開している北米のディスカウント・ブローカー、TDウォーターハウス社。この2社が主要株主となり、2000年3月、東京三菱ティーディーウォーターハウス証券(株)が設立された。
 東京三菱ティーディーウォーターハウス証券は、インターネットと電話を介して証券取引を行うオンライン証券会社。東京三菱のグループ力に裏打ちされた多岐にわたるサービスと、グローバルな認知度と信頼性の高さを誇る北米・TDウォーターハウス社の豊富な経験を活かして、初心者からベテラン投資家まで、さまざまなお客様に最良のサービスをリーズナブルな料金で提供することを目指している。
 同社では、営業開始後、アクセスチャネルを積極的に拡大し、お客様の利便性向上を推進。現在、注文受付には、インターネット、コールセンターのほか、プッシュホントレード、iモード、パームを利用している。現在、携帯電話対応のホームページはiモードのみとなっているが、将来的にはezWEBとJ-SkyWorkerにも対応していく意向だ。
 店舗を持たない同社においては、唯一、コールセンターがお客様との接点となる。同社では、同年7月にコールセンターを開設して事業をスタート。他のオンライン証券会社では行われてない、24時間・365日のオペレータによる電話サポートを実施することにより、お客様に大きな安心感を提供することを目指している。何時でも必要な時に“人”が対応してくれることは、証券ビギナーには非常に心強い。加えて、同社の取扱商品のひとつであるナスダック、アメックス、NY証券取引所の米国株約5,000銘柄は、日本時間の深夜に取り引きされるため、その時間帯のサポートを必要とするお客様が多いのだ。また、コールセンターと両輪をなすホームページも、基本的な操作のガイド機能を備えているなどわかりやすい設計で、コールセンター、ホームページともにお客様からの評判は良いという。2001年1月18日発売の日経ネットトレーディングに掲載された「はじめてのネットトレード完全ガイド」のビギナー対応力ランキングで、第一位を獲得したことがそのことを証明していると言えよう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年7月号の記事