通信ネットワーク最前線(第49回):新規顧客への受付体制を強化

セコム(株)

セキュリティを柱に6つの事業を展開するセコム(株)。今回は、同社の新規顧客専用のサービスセンターとして1999年4月に本格稼働を開始したカスタマーセンターの取り組みについてお話をうかがった。

セキュリティをメインとした幅広い事業を展開

 1962年7月に、日本初の民間警備保証会社として設立したセコム(株)。創業以来、セキュリティ事業を中核として事業を拡大し、現在では、セキュリティ、情報、メディカル、教育、損害保険、地理情報サービスの6つの事業を展開している。
 常駐警備、巡回警備といった人的警備からスタートした同社では、1966年に、日本ではじめてオンラインによるセキュリティシステムを開発し、オフィスビルや店舗など法人を対象にサービスを提供。その後、全国展開を果たし、1975年には、通信回線を使って集中監視している管制業務にコンピュータを導入し、全国規模のネットワークを構築。1981年にはホームセキュリティシステムを開始した。
 同社では、このネットワークの幅広い活用方法を模索し、1985年からはVANサービスなども手がけてきた。さらに1989年には、ネットワークをベースに未来社会の基盤となるシステム作りを目指すという「社会システム産業」の構築をビジョンに掲げ、安心で便利で快適なサービスの提供を実施している。同社では、これまでに蓄積してきたノウハウを活用した、お客様が快適な生活を営むために不可欠なサービスや機能の提供を通じて、セキュリティ事業が拡大していくことに期待。2000年3月末の総契約件数は61万4,000件、このうち法人が46万6,000件、一般家庭が14万8,000件となっている。

ホームセキュリティのパンフレット

ホームセキュリティのパンフレット

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年10月号の記事