通信ネットワーク最前線(第45回):サポート力No.1のプロバイダーを目指して

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)

So-netの名称でインターネット接続サービスを提供しているソニーコミュニケーションネットワーク(株)。今回はSo-netのカスタマーサポートセンターについてお話をうかがった。

顧客満足度の高いサービスの提供を目指して

 インターネットの利用者は増加の一途をたどり、その勢いはとどまるところを知らないといった様子だ。いまや、ビジネス、プライベートの双方において、ネットワークを通じてコミュニケーションを図ったり、必要な情報を入手するといったことは、確実に定着しつつある。
 このような時流の中、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は1995年11月、ソニーグループのインターネット・サービス・プロバイダーとして設立。翌96年1月よりインターネット接続サービスを開始。続いて3 月には、コンテンツサービス(情報提供サービス)をスタートした。これ以降も、独自のオンライン決済システムSmashを開発し、オンラインショッピングサービスを開始するなど、インターネット利用者にとって満足度の高いサービスの提供に努めている。
 接続サービス開始以降、会員数は95年度末が1万人、96年度末が15万人、97年度末が31万人、98年度末が63万人と順調に拡大し、99年12月には、100万人を突破。2000年4月末時点では123万人となっている。このうち、男性が60%、女性が40%で、年齢別構成比を見ると、男女ともに20〜30代が大半を占めている。
 国内ダイヤルアップアクセスポイント数は、全国146カ所。コンテンツ数は182タイトル。オンライン決済システムSmash利用加盟店数は483店舗。99年度の売上高は、250億円に達している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年6月号の記事