通信ネットワーク最前線(第43回)

アクサ損害保険(株)

今回は、1999年7月よりリスク細分型自動車保険の通信販売を開始した、アクサ損害保険(株)のカスタマーセンターを紹介する。

ヨーロッパ各国で培った通信販売のノウハウを武器に日本へ参入

 アクサ損害保険(株)は、世界60カ国以上でビジネスを展開している、世界最大級の保険・金融グループであるアクサグループの一員。同社では、規制緩和とともに消費者が自分の目で企業や商品を選別する時代を迎えていることを踏まえ、高品質な商品やサービスを求める日本の消費者に応えるために、1998年10月に、日本で損害保険事業認可を取得。フランス、イギリス、スペイン、ドイツなど規制緩和の進んだ競争の厳しい市場で培った通信販売のノウハウを基に、1999年7月より「アクサダイレクト総合自動車保険」の発売を全国で開始した。
 「アクサダイレクト総合自動車保険」は、お客様のリスクに応じて保険料を算出するリスク細分型自動車保険。この特徴は、①規制緩和の進んだ欧州での豊富な経験と実績を基に独自に開発したリスク区分を採用、②運転免許証の色での割り引きや、自宅での故障にも対応するアシスタンスサービスの提供といった日本初の画期的なサービスを提供していることの2つ。
 ターゲットは特に絞らず、幅広い層へのベネフィットの提供を志向。今後は、インターネットなど新しいメディアを通じて、より広い層に向けて商品を提供していきたいとしている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年4月号の記事