通信ネットワーク最前線(第28回)

シティバンク,エヌ・エイ

顧客主体のコンセプトに基づき、いつでも、どこからでもアクセスできるシームレスアクセスを実現しているシティバンク。同行のテレホンバンキングの現状に迫る。

「バーチャル・バンキング」の位置付け

 1812年、ニューヨークで設立されたシティバンク,エヌ・エイ。現在では、世界100カ国にネットワークを持つ世界最大級の金融機関シティグループ傘下の中核的な銀行として、世界各地で、お客様ひとりひとりに合ったマネー・マネジメントをサポートする金融商品、およびサービスを提供している。日本においては、1902年に横浜支店を開設して以来、90余年の歴史を持つ。
 同行における銀行取引には、従来の支店、ATMのほか、郵便、電話、FAX、パソコンといった通信メディアが活用されている。支店の営業時間は、原則として平日の午前9時から午後3時までだが、東京、大阪、名古屋にある10支店では、これに加えて土曜日の午前10時から午後2時まで窓口にて取り引きを行うサタデイバンキングを実施。また大半の支店のATMでは、24時間営業を実施している。また、わざわざ支店に出かけなくてもフリーダイヤルで、支店と変わらない銀行サービスを利用できるテレホンバンキングサービス「シティホンバンキング」、パソコンを介して銀行取引を行うインターネットのホームページアクセス、PCバンキングはすべて24時間・365日営業となっている。このように同行では、複数の取引チャネルを設けることにより、いつでも、どこからでもお客様が同行を利用できる“シームレスアクセス”を推進・実現しているのである。
 同行では、お客様に支店に足を運んでいただいて行う銀行取引を「フィジカル・バンキング」、テレホンバンキングやインターネットのホームページへのアクセス、PCバンキングといった、お客様が支店に足を運ばずして行う銀行取引を「バーチャル・バンキング」と呼んでいる。後者のバーチャル・バンキングは、邦銀に比べて少ない支店の数をカバーするだけでなく、同行が推進する“シームレスアクセス”を実現するために不可欠な存在と位置付けられている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年1月号の記事