通信ネットワーク最前線(第3回)

エプソンダイレクト(株)

フリーダイヤルの活用により、エンドユーザーとのダイレクトな販売チャネルの構築に成功したエプソンダイレクト。 その経緯と現状、 今後の計画について話を聞いた。

ダイレクトな販売チャネルの構築に向けて

 長野県・塩尻市のエプソンダイレクト(株)は、セイコーエプソン(株)の 100%出資により 1993 年 11 月に設立されたパソコン、およびその周辺機器の通信販売会社。
 同社設立の狙いは、エンドユーザーに向けてのダイレクトな販売チャネルの開発と、エンドユーザー情報の収集にあった。
 同社が設立される以前、セイコーエプソン製品の国内流通は、すべてメーカー直系の販売会社であるエプソン販売(株)が担っており、ここから代理店やパソコンショップに商品が卸されていた。しかし、パソコンの商品サイクルの早さは、今や誰もが知るところ。しかも、新商品が発売されて 2 〜 3 カ月も経つと、競合機種が市場に投入されてくる。このような中で、代理店が複数メーカーの製品の中から「その時に売れる物を売る」のは当然の成り行き。さらに、代理店経由の場合、多様化するユーザーのニーズを正確かつ迅速に入手するのが難しかった。そこで、価格政策やプロモーションにおけるリーダーシップが握れ、しかも電話を通じてエンドユーザー情報がリアルタイムで入ってくる、ダイレクトな販売チャネルの構築が切望されていたわけだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年12月号の記事