【第6回】「東日本大震災後の生活」に関する調査

約25%が今後3カ月間にキャンペーン商品購入予定。
約3割が家族と非常時の連絡方法を確認。

3月11日に発生した東日本大震災は、今も多くの人々の生活に色濃く影響を及ぼし続けている。生活者が個人としてどのような支援活動を行ったか、余震や放射能汚染についてどのような情報源を活用しているかなどについて、アンケートを実施した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年9月号の記事