次世代を担う子どもたちをメインターゲットに食育料理教室を開催

東京電力(株) 

東京電力(株)では、2006年から食育料理教室「TEPCO食の教室」を開催。エネルギーの消費には“食”にかかわる部分が少なくないことを踏まえ、社会貢献活動の一環として、将来の“食”を担う子どもたちに調理の楽しさや食と環境のかかわりなどを知ってもらう活動を続けている。

子どもたちに調理の楽しさや食と環境のかかわりなどを伝える食育料理教室を開催

 東京電力(株)では、2006年から食育料理教室「TEPCO食の教室」を開催している。
 開催の目的は、エネルギーの消費において、生産から流通、さらには一般家庭における冷蔵・冷凍保管、調理など“食”にかかわる部分が少なくないことを踏まえ、「食育」を通じて資源全般の大切さを啓蒙(もう)していくこと。「食育に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、食育に関する施策の基本となる事項を定めることにより、食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって現在及び将来にわたる健康で文化的な国民の生活と豊かで活力ある社会の実現に寄与すること」を目的とする「食育基本法」が成立し、食育に対する社会的な関心が高まった2005年、環境部に食育の業務を行うグループを新設し、開催の準備を開始した。
 「TEPCO食の教室」の主なターゲットは子どもたち。実際の調理については、回によって子どもたちだけで行うケースや保護者とともに行うケースなどさまざまだが、いずれの場合でも将来の“食”を担う子どもたちに調理の楽しさや食と環境のかかわりなどを知ってもらうことを目指している。なお、電気で調理を行うIHクッキングヒーターが、火事ややけどなどの危険性が低く、子どもたちでも使いやすいという特性を持っていることも、ターゲットの決定に大きくかかわっていたようだ。
 年間の開催回数は20~30回。近年では、都市部でのニーズが高いという認識から、開催場所は東京都渋谷区の電力館など、IHクッキングヒーターなどが整った同社PR施設を中心に開催してきた。
 カリキュラムは回によって多少異なるが、全体で3時間程度。調理内容だけでなく、開催場所となるPR施設の案内や電気の上手な使い方に関する説明を1時間程度、実際の調理に1時間程度、試食に1時間程度を費やすかたちが一般的だ。なお、開催は同社単独で行うケースと外部機関とのコラボレーションによって行うケースとがあり、これまでのコラボレーション相手としては、「キッズキッチン」活動を推進する任意団体であるキッズキッチン協会や、主にホテルの西洋料理調理従事者などで構成される(社)全日本司厨士協会の東京地方支部である(社)東京都司厨士協会、食品メーカー数社などとの実績がある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年10月号の記事