体験会で新製品の魅力を効果的に訴求

ソニーマーケティング(株)

ソニーマーケティング(株)ではデジタル一眼カメラ、およびHDビデオカメラレコーダーの新製品発売に先駆け、お客さまにこれらの製品をいち早く体験してもらう体験会を開催。プロカメラマンによるセミナー・トークショーなどを通じて、一眼カメラ購入検討者などにその魅力を伝えた。

商品発売前の先行体感を通したオピニオンリーダー作りを目的とするイベントを開催

 ソニー(株)グループで、日本国内における、主としてソニー商品のマーケティング・セールスなどの業務を手掛けるソニーマーケティング(株)では、2010年8月下旬~9月上旬、デジタル一眼カメラの新製品「α55」「α33」、およびHDビデオカメラレコーダー“ハンディカム”の新製品「NEX-VG10」の発売に先駆け、お客さまにこれらの製品をいち早く体験してもらう機会として、「α55・α33・NEX-VG10 ユーザー体験会」を開催した。
 「α55」「α33」はソニーが2010年8月24日に発表し、9月10日に販売を開始したデジタル一眼カメラだ。世界で初めて透過ミラーを搭載し、秒間10コマの高速連写や動画撮影中でも作動する高速・高精度なオートフォーカスを実現。TTL(スルーザレンズ)位相差検出方式AF(オートフォーカス)によって、撮影チャンスを瞬時にとらえ、ピントを合わせて高速撮影をすることができる。
 また、動画撮影中にもTTL位相差検出方式AFが作動し、高速・高精度なオートフォーカスの効いたAVCHDフルハイビジョンの動画を撮影できる「クイックAFフルHDムービー」や、100%の視野率を実現した電子ビューファインダー“Tru-Finder”(トゥルーファインダー)の搭載、TTL位相差検出方式AFが常に作動することによる、さらに進化した「クイックAFライブビュー」なども実現しており、従来のデジタル一眼レフカメラとは一線を画すレンズ交換式一眼カメラとなっている。
 2010年8月5日に発表し、9月10日に販売を開始する「NEX-VG10」は、総画素数約1460万画素の“Exmor”(エクスモア)APS HD CMOS センサーを搭載し、独自のEマウントの採用で、用途に合わせたレンズ交換が可能な世界初のレンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー“ハンディカム”。
 従来のビデオカメラとは異なる美しいボケ味の映像や、多様な交換レンズの性能を生かしたクリエイティブな映像の撮影が可能であることや、ステレオマイクロホンや豊富なマニュアル撮影機能の搭載により、作品と呼べるレベルの映像作りまで、快適な操作で楽しめるといった特徴を有している。
 このように「α55」「α33」、および「NEX-VG10」は非常に優れた特徴を持つ新製品と言えるが、その魅力を広めていくためには、関与度が高いユーザーに実際に体験してもらい、それを口コミなどで広めてもらうことが有効である。そこで同社デジタルイメージングマーケティング部では、製品発売前に先行して製品を体感してもらうことによりオピニオンリーダーを育成しようと「α55・α33・NEX-VG10 ユーザー体験会」の開催に踏み切った。
 なお、このような体験会は初めて開催したわけではない。例えばデジタル一眼カメラ「NEX-5」「NEX-3」についても、2010年5月のプレス発表後に同様のイベントを開催して好評を博し、その後の好調な販売につなげている。同社にとってデジタル一眼カメラの新製品発表後のセミナー&体感イベントは、導入時の必須の販促施策のひとつになっているとも言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年10月号の記事