地域別コミュニケーションの第一弾を実施 利用頻度と売上高の上昇を実現

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)では、数々のコラボレーション企画を展開している。2010年3月には、地域別コミュニケーション第一弾として「We Love 鹿児島」を実施。その結果、「Tポイント」が使える店舗の認知度向上、「Tポイント」のイメージの向上、そして参加企業の売上増に成功した。

「Tポイント」で新規顧客獲得や相互送客を展開

 CDやDVDのレンタルおよび販売を行うTSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)。同社が運営する共通ポイントサービス「Tポイント」は、共通ポイントサービスの草分け的な存在であり、2003年10月のスタート以来、多彩なジャンルの企業と提携を結び、着々と利用シーンを拡大してきた。2010年4月末現在の参加企業数は70社、Tポイントが使える店舗数は3万2,000店に上る。また、Tポイントを載せるTカードがあれば、TSUTAYAをはじめ、コンビニのファミリーマートやガソリンスタンドのENEOS、ファミリーレストランのガスト、カメラのキタムラなど、生活の中のさまざまなシーンでTポイントをためたり使ったりすることができることを強みに、多くの会員を獲得。同じく4月末現在の会員数はおよそ3,486万人に達しており、日本最大規模の共通ポイントカードへと成長している。
 Tポイントは、もともとTSUTAYAが独自に展開していたポイントサービスだったが、自社の会員を参加企業へ送客することによる新規顧客開拓支援事業への参入を目的に、共通ポイントサービス化に踏み切った経緯がある。そのため同社では、サービス開始以来、参加企業とのコラボレーションや参加企業同士のコラボレーションを積極的に推進してきたのだ。
 Tポイントを活用して行うコラボレーションのパターンは、新規顧客の獲得と相互送客の2つに大別することができる。前者はTSUTAYAにDVDなどを借りに来た会員を対象に、その会員がまだ利用していない参加企業の店舗で使えるクーポンを発行する。後者は異業種の参加企業が共同で、利用時にTカードを提示したお客さまにクーポンを配布して相互に送客を促したり、コラボレーション・キャンペーンによる相互告知をしたりといったものだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年7月号の記事