トライアル的な運用ながら3,200人以上のフォロワーを獲得

福助(株)

レッグウェア全般にかかわるビジネスを幅広く展開する福助(株)。同社では2009年6月からTwitter上で公式企業アカウント「fukuske」を運用している。商品や店舗・eコマースのセール・キャンペーン、主催・協賛イベントなど、幅広いジャンルの情報を発信し、3,200人以上に及ぶフォロワーとのコミュニケーションを図っている。

「とりあえず始めてみよう」という姿勢で取り組みをスタート

 1882(明治15)年に大阪・堺で創業した足袋装束卸問屋をルーツとして、120年以上の歴史を誇る福助(株)。現在では「お客様のハピネス(福)を足もとからアシスト(助)する“ハピネス アシスト カンパニー”」を掲げ、創業以来の伝統である足袋の製造、卸売り、小売りのほか、靴下、肌着、ストッキング、ベビーシューズの卸売り、小売りなどレッグウェア全般にかかわるビジネスを幅広く展開している。特にストッキングの「femozione」やストッキング・靴下・肌着の「満足」などは業界を代表するブランドとなっており、また、近年では有名モデルとのコラボレーションを積極的に手掛けることで、常に業界内外の注目を集めている。
 同社がTwitterの活用を開始したのは、2009年6月末。Webマーケティングにおけるパートナー企業のスタッフから、「アメリカ大統領選挙でオバマ氏がTwitterを活用した」などの情報をもたらされたことがきっかけであった。
 その後、Twitterについて調べたところ、メールマガジンやブログ、SNSなど、従来のインターネット上のメディアと比較して、特に即時性に優れていると判断。また、基本的に新たな設備投資が不要ということもあり、Webの新たな可能性を求めて、「何ができるかわからないが、とりあえず始めてみよう」という姿勢でアカウントを取得。同社におけるTwitterのマーケティング活用への取り組みが開始された。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年2月号の記事