“富良野”発信のコラボレーションDMで“相互創客”

(有)とみたメロンハウス/(株)ルノール(菓子工房フラノデリス)

農産物の通信販売を展開する(有)とみたメロンハウスと、「菓子工房フラノデリス」ブランドで洋菓子の通信販売を手掛ける( 株) ルノールは、2008年夏の中元シーズン、“富良野”という共通キーワードを軸とするDMコラボレーション・キャンペーンを展開。期待を上回る高いレスポンスを獲得した。

“富良野”を共通キーワードとするDMコラボ・キャンペーンを展開

 いずれも北海道・富良野を拠点として、メロンをはじめとする農産物の通信販売を展開する(有)とみたメロンハウスと、「菓子工房フラノデリス」というブランドでプリンやゼリー、ケーキなどの洋菓子の通信販売を手掛ける(株)ルノールは、2008年夏の中元シーズン、“富良野”という共通キーワードを軸とするDMコラボレーション・キャンペーンを展開した。
 キャンペーンの内容は、それぞれの顧客に対して送付するDMの中に、コラボレーション相手の商品を紹介するA4サイズのリーフレットを同封するというもの。両社の社長が並んだ写真に「私の大好きな富良野の味覚をご紹介いたします」というメッセージを添えることで、社長がコラボレーション相手の商品を推奨するかたちを採った。
 発送は、従来からDMに力を入れていた「とみたメロンハウス」が先行実施し、その後、それまであまりDMを活用してこなかったルノールが実施するかたちで、それぞれ2万通ずつを発送。「とみたメロンハウス」のDMで約5%、ルノールのDMで約3%の顧客が、コラボレーション相手の商品を注文するという高いレスポンスを得た。また、このキャンペーンはその取り組みが評価され、「第23回全日本DM大賞」で銅賞を獲得している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年5月号の記事